甘いみかんの見分け方【今でしょ講座】
2018年11月20日放送の今でしょ講座で「甘いみかんの見分け方」を教えてくれました。

みかんは、糖尿病や動脈硬化予防に効果的な食べものなんです。

そんな「みかん」をより美味しく食べるために「甘いみかん」を選びたいですよね?

では早速、今でしょ講座で教えてくれた「甘いみかんの見分け方」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

甘いみかんの見分け方」今でしょ講座

甘いみかんの見分け方は、みかんの軸が細く 皮がしわしわの物の方が甘い「みかん」なんです。

「みかん」は、軸の管を通り水分がみかんに入るのですが軸が太い「みかん」は、水分が大量に運ばれるため、等分が薄まり、甘さが減少してしまうんです。

軸の細い「みかん」は、運ばれる水分が少なく、水分が少なくなると「みかん」が危険を感じ自分を守ろうと糖を作り出すんです。

そのため軸の太い「みかん」より軸の細い「みかん」の方が甘くなるんです。




「みかん」の皮のシワシワは、軸の細い「みかん」より更に水分が少ない環境で育ったという証なんです。

夏場の成長期に水分不足が続くと皮まで水分が行き届かなくなり薄くシワシワになってしまうんです。

軸の細い「みかん」より水分が少なくなり、より糖を作り出すので甘い「みかん」になります。



箱で「みかん」を購入する時は、箱に記載されている印をチェックしましょう!

箱には、「秀」「優」「無印」の印が付いていて、左から順番に甘く この等級によって値段も変わるそうです。

「秀」が一番甘く、「無印」が甘さが低い。

甘いみかんには、血管を老けさせない効果があり、糖度が高い「みかん」ほどβクリプトキサンチンと言う血管を老けさせない成分の量が多くなうそうです。
スポンサーリンク

まとめ

甘いみかんの見分け方【今でしょ講座】をお伝えしました。

「みかん」を選ぶ時には、軸が細く皮がシワシワの物を選びましょう!
また、箱で「みかん」を買う場合は、箱に「秀」の印が付いた物が甘いみかんです。

是非覚えておいてくださいね!

また、血管を老けさせない「みかん」の食べるタイミングは食後に食べると良いそうです。
また、食べる量は、1日に3個までです。

1日に3個以上食べてしまうと血中のβクリプトキサンチンの血中濃度高くなってしまうので逆効果になってしまいます。

是非参考に「みかん」は、1日に3個!を守り健康に過ごしましょう。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。