マルカネ【黄金焼とろさば】国産鯖 半身約160g 八戸直送 冷たいまま食す新しい焼さば

2018年11月19日放送のヒルナンデスでユッキーナと大島さんがサバのリンゴみぞれ酢の作り方レシピを教えてくれました。

では早速、ヒルナンデスで紹介されたサバのリンゴみぞれ酢の作り方レシピを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ヒルナンデス サバのリンゴみぞれ酢の作り方レシピ

材料
サバ 15g
パプリカ(赤・黄・緑) 各1/8個
リンゴジュース(無糖) 75cc
酢 40cc
砂糖 40g
薄口しょうゆ 40cc
大根おろし 大さじ1
おろし生姜 小さじ1/3
水溶き片栗粉 適量

作り方

  1. 鯖を三枚におろし小骨を抜きます。
    (家庭では切り身でもオッケーですが骨は撮ってあげましょう。)
  2. 骨を抜いた鯖は食べやすい大きさに切ります。
  3. パプリカは縦に1/8に切ったものを更に細くし粗みじん切りにします。
  4. サバを強火で皮めから、2分焼く。
  5. 鍋に 無糖のりんごジュース、お酢、砂糖、薄口醤油を加え、鍋を火にかけ軽く沸騰させます。
  6. 沸騰してきたら大根おろしを加え、すりおろした生姜、水溶き片栗粉を加えよく混ぜます。
    (水溶き片栗粉を入れたら、しっかりと水分を飛ばしアンを固めにする。)
  7. とろみがついたら、刻んだパプリカを加えひと煮立ちさせる。
  8. 焼いた鯖をお皿に盛り付け、できた餡をかけて完成。
鯖を焼く時のポイント!
サバは強火で焼く!
短時間で焼き水分を飛ばし、グ~ッと甘みが詰まりながら火を通していく。
無糖のリンゴジュースを使うことで、りんごの食物酵素が臭いの成分を分解してくれます。
スポンサーリンク

まとめ

おなじみのサバは、10月から12月が旬の魚で「秋サバ」「寒サバ」などと呼ばれ今の時期が脂が乗って美味しいそうです。

しかしサバのような青魚は臭みなどがあり好みが分かれるところですが、臭みをなくす調理法で美味しく作ってくれました。

サバと赤ピーマンはめちゃくちゃ相性がいいそうです。

是非参考に作ってみてください。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。