4月4日放送の「おびごはん」で今大人気のエッグベネディクトの作り方を紹介してくれました。

難しいイメージですが家でも簡単につくれそうでした。
では、おびごはんで目白 旬香亭のシェフ古賀達彦さんが教えてくれた「エッグベネディクト」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびごはんレシピ 4/4「エッグベネディクト」のレシピ

材料
マフィン 2個
厚切りベーコン 2枚
卵 2個
酢 小さじ1
塩 適量

トマトピューレ 大さじ1
粒マスタード 小さじ

卵黄 2個分
塩 2つまみ
レモン汁 小さじ1
バター 70g

レタス 適量
プチトマト 適量

おびごはんレシピ 4/4「エッグベネディクト」の作り方

ポーチドエッグを作る。

  1. 沸いたお湯のなかにお酢、塩を入れます。
  2. 卵をお湯に入れます。(火加減は中火)
  3. 2分30秒くらい茹でる。
  4. 2分30秒たったら、70℃~80℃くらいのお湯に卵を移す。
ポイントは卵を入れて沸騰させすぎない事

オランデーズソースを作る。
オランデーズソースとは、フランス語でオランダ風ソースという意味。
フランス料理では基本のソースの1つです。

イメージとしては温かいマヨネーズソースを作るイメージ

*注意点火が入り過ぎると失敗してしまう。

  1. ボウルに卵黄を割りほぐし、塩、小さじ1の半分くらいのレモン汁を加えて、
    80℃ぐらいのお湯で湯煎しながら混ぜ、ほんのり卵があたたまったら一旦湯煎からはずす。
  2. そこへ、溶かしバターを少しずつ加えながら混ぜる。
    (ここで一気にバターを入れ過ぎると卵が分離して分かれてしまうので注意!
    少しずつ入れる事)
  3. バターをすべて入れたら、再び湯煎にかけ約1分かき混ぜ、
    卵に濃度(トロッとなる)がついてきたら残りのレモン汁を加える。
  4. トマトピューレ大さじ1と粒マスタード小さじ1を混ぜておき
    お皿にレタスとプチトマトを添えておく
  5. フライパンでマフィンの両面を焼き、お皿に取り出す。
  6. フライパンで厚切りベーコンを両面焼く。(焼き色をが付けばOK)
  7. 混ぜたトマトピューレと粒マスタードのソースをマフィンに塗り、ベーコンを乗せる。
  8. その上にキッチンペーパーで水気をふいたポーチドエッグをのせ、
    湯銭して作ったオランデーズソースをかけ完成です。
スポンサーリンク

まとめ

難しそうだった「エッグベネディクト」ですが注意するべき点の
ポーチドエッグを作るときの沸騰させすぎない事と
オランデーズソースを作る時の溶かしバターを少しずつ加える点さえ
注意すれば以外と簡単に作れることがわかりました。

今度、作ってみたいと思います。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。