4月3日放送の「おびごはん」で月島の韓国料理店のキム・スンジョンさんが「かぼちゃ粥」の作り方を紹介してくれました。

とっても簡単で美味しそうな「かぼちゃ粥」を作ってみたくなりました。
では、おびごはんでキム・スンジョンさんが教えてくれた韓国の定番朝ごはん「かぼちゃ粥」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびごはんレシピ 4/3 かぼちゃ粥のレシピ

材料
カボチャ 200g
米 100g
水 180ml
塩 適量
白玉 適量
松の実 適量

作り方

カボチャは固いので無理なく切るためにはレンジでチンしてから切ると
簡単に切る事ができます。
下の動画が参考になるのでよかったら動画を見て下さい。

  1. カボチャを2〜3mmの厚さに短冊のような形で薄切りにする。
  2. 切ったカボチャを茹でていきます。
    水の量はお鍋にカボチャをいれカボチャが全てかぶるくらいの量を入れ、
    やわらかくなるまで弱火で約8~10分ほど煮る。
  3. 生米をすり鉢で擦る。
    すり鉢に生のお米を入れお水180mlを少しずつ入れ、すり棒で擦っていきます
    少し残る程度にすりつぶす。
  4. カボチャが茹であがったら火を止め、鍋の中でマッシャーを使い潰していきます。
    潰し方は荒めで大丈夫。ミキサーで細かくする必要はありません。
  5. カボチャを潰したら、そこへ先程擦ったお米を鍋に入れ火をつけます。
    よくかき混ぜながら、歯ごたえが残る程度のやわらかさまで煮て、塩で味をととのえる。
    煮る時間は約5分くらい(お米の擦り加減で変わります。)お好みの硬さで調整して下さい。
  6. お米が柔らかくなったら、器に盛って、白玉・松の実をのせる。
豆知識
カボチャの栄養
カボチャにはβカロチンが豊富に含まれていて
強化免疫力を高めてくれたり、眼精疲労をおさえる働きがあったり、
血糖値やコレステロール値を下げる効能もあります。
さらに、肌、爪、髪を健康に保つ美容にも嬉しい効果があるんです。
スポンサーリンク

まとめ

使う調味料は塩だけというと~ってもシンプルなお粥なので簡単にできちゃいます。

お米をすりつぶすことによって煮込む時間も短縮され調理時間も減ってさらに嬉しいポイントですね。

忙しい朝に、簡単で温かく消化に良いカボチャ粥。
是非あなたも試してみてね。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。