【たけしの家庭の医学 高血糖予防「きのこ料理」の作り方レシピ】
2018年11月6日放送の「たけしの家庭の医学」で高血糖予防には、きのこを食べると良いと教えてくれました。

高血糖は、糖尿病や動脈硬化など恐ろしい病気の引き金になると言われています。

そんな高血糖を予防するには「きのこ」を食べる事!

そこで、「たけしの家庭の医学」で教えてビタミンDが豊富な食材きのこを使ったレシピをご紹介いたします。
是非きのこレシピを参考にし、高血糖予防に役立てて下さいネ!

スポンサーリンク

たけしの家庭の医学 高血糖予防「きのこ料理」の作り方レシピ

きのこ鍋の作り方

材料 4〜5人分

マイタケ 1パック
しめじ 1パック
エノキ 1袋
長ネギ 1本
ささがきゴボウ 1袋
豆腐 1パック
油あげ 2枚
鶏もも肉 1枚

出汁の材料
水 1500ml
みりん 150㏄
酒 150㏄
すりおろし生姜 適量
鶏ガラスープの素(粉末) 大さじ1.5
塩 小さじ1
醤油 大さじ2.5

作り方

  1. キノコ類は、食べやすい大きさの小房に分ける。ネギは2~3㎝の斜め切りに。油揚げは、縦半分に切りさらに短冊切りにする。
  2. 鍋に水を入れ沸かし鶏がらスープの素、酒、みりん、醤油、塩、すりおろし生姜を入れスープを作る。
  3. 出来たスープに鶏肉、きのこ、ゴボウの笹ガキ、手でちぎった豆腐、油揚げを入れフタをして15分程煮込む。
  4. 15分後、フタをとり、ネギを加えサッと煮込み、ネギがしんなりしてきたら味見をして塩で味を整えて完成。
材料を切ってスープに入れたらあまり混ぜずにじっと煮込むだけの簡単レシピです。
おススメ!

鮭のきのこソースがけの作り方

材料
生鮭 2切れ
塩こしょう 少々
小麦粉 適量
オリーブオイル
シメジ 1/3袋
エリンギ 2本

ソースの分量
しょうゆ 大さじ1.5
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 小さじ1/2
トマトケチャップ 大さじ1
レモン汁 小さじ1
水 50cc

バター 15~20g
刻みパセリ 少々

作り方

  1. 生鮭に塩こしょうを両面にふり、小麦粉を軽くまぶします。
  2. エリンギは斜め切りにし、シメジは小房に分けます。
  3. ボウルにしょうゆ 大さじ1.5、酒 大さじ2、みりん 大さじ2、砂糖 小さじ1/2、トマトケチャップ 大さじ1、レモン汁 小さじ1、水 50ccを入れ良く混ぜ合わせておく。
  4. フライパンにオリーブオイルを引き、温まったら鮭を入れ弱火で両面に焼き色が付くまでしっかりと焼きます。
  5. ソースを作る。
    別のフライパンにオリーブオイルを引き、強火でエリンギとシメジを炒めます。
    (ポイントあまりいじらずキツネ色になるまで炒める。)
  6. きのこが色よく焼けたら合わせておいた調味料を加え強火で2分程煮詰め、とろみが付いて来たらバターを加え混ぜ合わせる。
  7. 盛り付け。
    鮭がパリッと色良く焼けたらお皿に盛り付け、できたキノコソースをかけて仕上げにパセリをふったら完成。
スポンサーリンク

まとめ

【たけしの家庭の医学】高血糖予防「きのこ料理」の作り方レシピをお伝えしました。

高血糖予防には、「きのこ料理」です。

高血糖になる原因にビタミンD不足があげられます。

ビタミンDが不足すると血液中の糖分が増え皮膚の繊維にダメージを与え、弾力性が失われるそうです。

顔には、ほうれい線が深くり老け顔の原因の1つになっています。

ほうれい線が深い人は、高血糖の可能性が高いそうですよ!

是非今回のレシピを参考に高血糖予防の役立てて下さいね!


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。