【世界一受けたい授業 認知症予防に効果的な食べも】

2018年11月3日放送の世界一受けたい授業で認知症予防に効果的な食べもが紹介されました。

1日1個、認知症予防に効果的な食べもを食べると認知症のリスクが大幅にダウンするそうです。

では早速、世界一受けたい授業で教えてくれた認知症予防に効果的な食べものを見ていきましょう。

スポンサーリンク

世界一受けたい授業 認知症予防に効果的な食べもの

認知症予防に効果的な食べものは、「」だそうです。

認知症の原因の一つとして考えられているのが記憶と関係が深い神経伝達物質のアセチルコリンの減少です。
卵にはアセチルコリンの元となるコリンが豊富に含まれているんです。

最新の研究によると一日一個卵を食べたグループは、卵を食べていないグループと比べ、認知症を発症リスクが22%も低下したそうです。

軽度認知障害(MCI)と呼ばれる、認知症予備軍で発見できれば、対応次第で発症する可能性があります。

MCI かどうか家庭でチェックできるスマヌ法とは?

スマヌ法

スマヌ法は、背中にカタカナでス、マ、ヌを 指で書いてもらい何の言葉を書いたのか当てるテストです。

なぜこれで MCI かどうかチェックできるのかと言うと、 MCI の特徴として感覚の情報が脳に届きにくくなるそうです。

そのためにたような文字を正しく判断できにくくなるのです。

このテストで6回中半分以上間違えたら MCI(軽度認知障害) の疑いがあるレベルです。

スポンサーリンク

まとめ

世界一受けたい授業 認知症予防に効果的な食べものをお伝えしました。

是非参考に1日1個のタマゴを食べて認知症予防していきましょう!


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。