2018年11月2日放送の金スマ(中居正広の金曜日のスマイルたちへ)で 「医者が教える食事術」第3弾!
健康常識は間違いだらけ!刺身の正しい食べ方!わさびを醤油に溶くのは間違い?が放送されました。

では早速、金スマで紹介された「医者が教える食事術」第3弾! 刺身の正しい食べ方!わさびを醤油に溶くのは間違い?を見ていきましょう!

スポンサーリンク

金スマ 刺身の正しい食べ方!わさびを醤油に溶くのは間違い?「医者が教える食事術」第3弾

柴田理恵さんのお刺身の食べ方。
わさびを醤油に溶いて食べていましたが、それが間違いだそうです。

わさびの辛味のもと「イソチオシアネート化合物」という成分が含まれています。
この「イソチオシアネート化合物」は、血流を改善し血液をサラサラにする効果があります。

わさびは1日たったの5g摂るだけで血液をサラサラにする効果が期待できます。

「イソチオシアネート化合物」は、水溶性のため醤油に溶かすと流れ出てしまうのです。

ですので、わさびは醤油に溶かさず、刺身に乗せて食べるのがベストです。

イソチオシアネート化合物を多く摂れる わさびのすりおろし方

本わさびの根元をすりおろしがちですが、わさびは対応に向かって上へ上へと育つので、上の部分に多くの栄養が含まれています。

ですので上の方からすりおろす「ソチオシアネート化合物」が多く摂れて良いすりおろし方です。

スポンサーリンク

金スマ 脂肪を食べても太らない理由

先生によると体内に入った脂肪は体内で使い尽くされてしまうそうです。

日本人は1日に70グラムから80グラムの脂肪をとっていますが、蓄えられるのではなく、 体内に入ると、脂肪酸→リポタンパク質と変化し、細胞の膜やホルモン、胆汁などといったものに使われます。

ただ、全ての脂肪が使い尽くされるわけではなく使いきれなくなった脂肪は、吸収されるのではなく便になって排出されるそうです。

またマヨネーズは太るか太らないでいうと先生によると太らないそうです。

脂肪は必要な栄養素なので排除するのではなく、むしろとってほしい食品だそうです。

昔は脂肪は脳卒中や心筋梗塞の確率をあげると言われていましたが今はそれが間違いだったと言われています。

逆に肉の脂肪が重病のリスクを減らすことが筑波大学の研究によって発表されています。

肉の脂肪を食べるほど脳出血と脳梗塞の発症率は少なくなると発表されました。

まとめ

【金スマ】刺身の正しい食べ方!「医者が教える食事術」第3弾!をご紹介しました。

是非お刺身を食べる時には、参考にしてくださいね!


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。