2018年10月29日放送の「1番だけが知っている」で吉田類さんが人生最後の日に行きたい居酒屋が紹介されました。

酒飲みの教祖!吉田類さんが選ぶ1番の酒場はとても古き良き居酒屋でした。

では早速「1番だけが知っている」で紹介された、吉田類さんが人生最後の日に行きたい居酒屋を見ていきましょう。

スポンサーリンク

吉田類が人生最後の日に行きたい居酒屋

吉田類さんが選んだ居酒屋は、

みますや

住所 東京都千代田区神田司町2-15-2
tel 03-3294-5433
営業時間
11:30~13:30 17:00~22:30(L.O.22:20)

定休日 日曜・祝日

明治38年の創業から113年間かわらずの店構えで営業を続けている都内最古の居酒屋です。

この店には吉田類さんがこよなく愛する最高のつまみがあるそうです。

最高のつまみとは?

吉田類が注文した最高のつまみ

刺身

このお店は古いが優位にそれぞれ老舗の魚河岸との付き合いが長く新鮮な魚が手に入れることが出来るのです。

牛煮込み

明治38年の創業当時、先代が高価だった牛を安く食べさせたいとの思いから作られた三越の惣菜売り場でも売られていた逸品です。

吉田類が選ぶ 呑兵衛にとって最高のつまみ

最高のつまみは、お店の柱
柱がつまみとは?

柱に刻まれているギザギザは第二次世界対戦に焼け残った後の柱。
この柱はたまたま焼け残った訳ではなく、この柱を守った人達がいると言うドラマが隠されていたんです。

この酒場のドラマが最高のつまみ!

常連さんたちが燃えるお店を見て、バケツリレーでお店を守ろうとしたそんな感動ドラマが隠されていたんです。

今まで自分たちが食べてこられたのは、大将のおかげだったと、
その思いが命がけのバケツリレーを行ったのです。

あたり一面は焼け野原となってしまったが「みますや」だけは、奇跡的に焼け残ったそうです。

スポンサーリンク

まとめ

吉田類が人生最後の日に行きたい居酒屋をお伝えしました。

なんとも感動する話でした。

そんな感動を味わいに「みますや」へ足を運ばれてみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。