北海道産  玉ねぎ 2Lサイズ 20kg

2018年10月29日放送の名医のTHE太鼓判で血管を若返らせる「タマネギの正しい食べ方」と「天日干し玉ねぎ」の作り方を教えてくれました。

血管若返り成分がアップする「天日干し玉ねぎ」!

50代からの“血管若返り”老けない体を作るSP!
では早速、名医のTHE太鼓判で紹介された「タマネギの正しい食べ方」と「天日干し玉ねぎ」の作り方レシピを見ていきましょう。

スポンサーリンク

名医のTHE太鼓判 「タマネギの正しい食べ方」と「天日干し玉ねぎ」の作り方レシピ

名医のTHE太鼓判 「天日干し玉ねぎ」の作り方レシピ

作り方
スーパーなどで売っている玉ねぎの皮をむき、ザルにのせ日の当たる場所に1週間干します。
はじめ白かった玉ねぎが1週間後、緑色になってきたら完成。

この緑色になっていることが重要です。

室内でも日の光が当たる窓際などに置いてもok!

玉ねぎの中には、「ケルセチン」という成分が含まれており、血管の老化予防、血管をしなやかに、若返らせる効果があります。

玉ねぎを1週間天日干しすることでケルセチンが通常より4倍アップします。

名医のTHE太鼓判 「タマネギの正しい食べ方」

玉ねぎのみそ汁に「チーズ」を加えると血圧を下げる効果があります。

チーズにはLTP(ラクトトリペプチド)という成分が含まれていて血管をしなやかに開いて、血圧を下げてくれる効果があります。

ケルセチンは脂にとけやすい性質なので、チーズの脂と一緒に食べると、吸収率がアップします。

名医のTHE太鼓判  血液サラサラ効果のある「タマネギの正しい切り方」

玉ねぎは繊維に対して直角に切った方が「血液サラサラ効果」がアップします。

玉ねぎに含まれる、辛み成分は、繊維に対し直角に切ることで壊れ、辛み成分が多く出てきます。
この辛み成分に血液サラサラ効果があるんです。

ポイント
玉ねぎは、繊維に対して直角に切り、お皿にのせてラップをせずに冷蔵庫で20分寝かせておきます。

玉ねぎの辛み成分「硫化アリル」が空気に触れることで血液サラサラ効果があると言われる(アリシン)に変化します。

血管サラサラ 玉ねぎタレの作り方レシピ

  1. 天日干しした、玉ねぎをみじん切りにしボウルに入れます。
  2. そこへ、麺つゆ、三杯酢を適量加えて良く混ぜ合わせたら完成。
スポンサーリンク

まとめ

【名医のTHE太鼓判】タマネギの正しい食べ方、天日干し玉ねぎの作り方レシピをお伝えしました。

玉ねぎは、血管を若返らせるスーパー食材です。

是非、タマネギ料理を食べて血管を若返らせましょう!


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。