3月29日の得する人損する人でサイゲン大介さんが材料費249円のトンカツを高級店で使う
2千円のトンカツ級の味にサイゲンしてくれました。

外国産のお安い豚肉に〇〇ダシと(秘)食材で高級とんかつの味に変身すると言うので、
その秘密のレシピを見ていきましょう。

スポンサーリンク

【得損】 サイゲンとんかつ激安肉を格段に美味しくする技

材料
普通のとんかつ用、豚肉
小麦粉
パン粉

先ずお肉の筋切りをしっかりとする。
包丁ではなく、はさみを使うことで確実に筋が切れ、油で揚げた時、
綺麗にとんかつが反らずに揚がります。

お肉にフォークで穴を空ける。

ラップでお肉を包み、肉たたきや麺棒などでお肉をたたく。
お肉をたたく事でお肉の繊維が壊れ、柔らかくなります。

ここで下処理はおわりです。

スポンサーリンク

【得損】 サイゲンとんかつ 格安肉をブランド肉のようにする2つの食材

ポイント

  • 和風だし
  • オリーブオイル
お安いお肉でも和風だしとオリーブオイルを塗れば肉質がアップする。和風だしにはうまみ成分のイノシン酸
オリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれていて、

この2つの食材を使うことで、普通のお肉に足りない、
うまみ成分を足すことで、高級肉に近い味になるそうです。

和風だし 小さじ1
オリーブオイル 小さじ1/2
マヨネーズ 大さじ1
はちみつ 小さじ2

お湯で溶いた和風だしに、オリーブオイル、マヨネーズ、はちみつを入れよく混ぜます。

このタレをお肉の両面に塗り、ラップをして冷蔵庫で30分寝かせます。

【得損】 サイゲンとんかつ 格安肉をブランド肉のようにする2つ目のポイント

ポイント

パン粉を大きくして油は低温状態で揚げればサクサクジューシーなとんかつになる。

高級店で使うパン粉は荒めの生パン粉ですが、
サイゲン大介は、普通のパン粉をある事をして、

大きくしてよりとんかつをサクサクに仕上げます。

パン粉を大きくする方法

卵を溶いて
溶いた卵液を指先に付け、普通のパン粉を軽く混ぜ、
パン粉とパン粉をくっ付けていきます。

これを何度か繰り返すことで、
生パン粉のように大きい粒のパン粉にしていきます。

出来たパン粉を普通のとんかつを作る時のように、

小麦粉、卵液、パン粉の順で30分寝かした、豚肉に付けていきます。

【得損】 サイゲンとんかつ 格安肉をブランド肉のようにする最大のポイント

通常とんかつを揚げる時は、油の温度を温めてから、お肉を揚げはじめると思いますが、
サイゲン大介は違います。

コールドスタートで柔らかくジューシーな、とんかつに仕上げていきます。

肉は熱い油の中に入れると急激な温度変化で一気に
縮んで硬くなってしまう。

しかし、コールドスタートなら、徐々に温度が上がる事で、お肉にゆっくり火が通り
お肉が柔らかく揚がります。

サイゲン流とんかつの揚げ方

  1. 空のフライパンに割りばしを4本敷きます。(肉が焦げるのを防ぎます。)
    抵抗のある方は、100均などの網を利用してもok!
  2. 割りばしの上に、パン粉を付けた豚肉をのせます。
  3. 次に火をつけずに油を鍋肌から流し入れ、お肉にかぶるくらい入れたら、火をつけます。
  4. 揚げ時間は片面5分、返して2分

お肉の大きさによって多少お時間は前後するので
油から取り出すタイミングは揚げている音で確認すると良いでしょう。

まだ、揚げ時間が足りない時は、シュワシュワと低い音がし、
もう揚がったよってサインの時は、パチパチパチと高い音がします。

揚がったら油から取り出し、余熱で1分ほど火を通せば、
格安肉をブランド肉をブランド肉のようにする

サイゲンとんかつの完成です。

このコールドスタートは生姜焼きや唐揚げ、焼き魚などにも応用がきき、
お肉や魚を柔らかく仕上げられます。

まとめ

【得損】 サイゲンとんかつ激安肉を格段に美味しくする得技(レシピ)を、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

材料費249円のとんかつが2千円クラスのとんかつの味にサイゲンしてくれました。
お安い豚肉で高級なとんかつになるなんて、と~っても家計に嬉しいサイゲンとんかつでした。

この【得損】 サイゲンとんかつを参考に今度作ってみたいと思います。

もしよかったら、あなたもこの【得損】 サイゲンとんかつを参考に、ぜひ一度お試しください。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。