錦彩十五夜うさぎ(お月見)(大) 177

【十五夜(お月見)団子の簡単な作り方レシピ】
2018年9月24日月曜日は、十五夜ですね。
そこで今回は十五夜(お月見)団子の簡単な作り方レシピをご紹介します。

とっても美味しい十五夜(お月見)団子!

では早速、十五夜(お月見)団子の簡単な作り方レシピを見ていきましょう。

スポンサーリンク

十五夜(お月見)団子の簡単な作り方レシピ

材料 約30個分

上新粉 200g
砂糖 20g
熱湯 200cc

みたらし餡の材料
水 100cc
砂糖 大さじ3
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1
片栗粉 大さじ1

あん 適量
きな粉 適量
砂糖 適量

十五夜(お月見)団子の簡単な作り方

  1. 団子を作る
    ボウルに上新粉、砂糖を入れ良く混ぜます。
  2. 混ざったら熱湯を注ぎ、ヘラで混ぜ粉をまとめます。
  3. まとまったら、手を水につけ良く練り1つにまとめ棒状にします。
  4. 棒状にまとまったら、一口大にちぎり丸めます。
  5. お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、丸めた団子を入れ浮いてきてから4分くらい茹でます。
  6. 茹であがったらザルにあげ流水で洗いヌメリをとり、水気をしっかり切ります。
  1. みたらし餡を作る
    鍋に水 100cc、砂糖 大さじ3、しょうゆ 大さじ2、みりん 大さじ1、を入れ、ひと煮立ちさせます。
  2. ひと煮立ちしたら水で溶いた片栗粉を少しずつ加え、とろみがついたら完成。

お好みできな粉や あんをかけて食べても美味しく食べれます。

スポンサーリンク

まとめ

十五夜(お月見)団子の簡単な作り方レシピをご紹介しました。

十五夜とは旧暦の8月15日で、現在の新暦では、9月15日前後に訪れる満月の日の事を十五夜と呼びます。

十五夜の時に供える十五夜団子は、穀物の収穫に感謝を表すため、月のように真ん丸団子を作ってお供えしたのが、月見団子の始まりです。

今回ご紹介した十五夜 団子のレシピは、簡単に作れるレシピなので是非参考に作って見て下さい。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。