【ヒルナンデス 冷めても美味しい唐揚げの作り方レシピ】
2018年9月17日放送のヒルナンデスで冷めても美味しい唐揚げの作り方レシピを教えてくれました。

では早速、ヒルナンデスで紹介された、冷めても美味しい唐揚げの作り方レシピを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ヒルナンデス 冷めても美味しい唐揚げの作り方レシピ

材料 2人分
鶏もも肉 約250g
テンペ 適量
しょうゆ 大さじ1と1/2
みりん 小さじ2
酒 小さじ1
にんにくみじん切り) 1片
しょうが(みじん切り) 1片分
薄力粉 大さじ3
片栗粉 大さじ3
こめ油 適量

作り方

  1. ボウルに一口大に切った鶏肉と粉末にしたテンペ、しょうゆ、みりん、酒、にんにく、しょうがを入れ揉み込み、15~20分漬け込みます。
  2. 漬け込んだら、ボウルに薄力粉と片栗粉を入れ、まぶします。
  3. 鍋に、こめ油を適量熱し170℃で5~7分程度、鶏肉に火が通るまで揚げて完成。
    (揚げ時間は鶏肉の大きさによってかわるので調整して下さい。)
スポンサーリンク

まとめ

ヒルナンデス 冷めても美味しい唐揚げの作り方レシピをお伝えしました。

冷めても美味しい揚げ物の秘密は、こめ油を使っていることでした。
こめ油は冷めても酸化がしにくく美味しさを保ってくれるそうです。

また他の油と違って揚げムラができにくくカラッと揚げる事ができるそうですよ!

是非いちど、こめ油を試してみては?

またテンペを加える事で冷めても美味しく食べることができるそうです。

テンペとは、近年人気のインドネシア発祥の発酵食品で、大豆にテンペ菌を入れて発酵させたもので、納豆とは違いニオイや粘りがないので食べやすく食物繊維が豊富で女性に嬉しい食材です。

是非お弁当のおかずなどに、このレシピを参考に作って見て下さい。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。