6月30日放送のジョブチューンでオクラのお好み焼きの作り方が紹介されました。

血糖値の上昇を抑える効果があるオクラのお好み焼き。

では早速、ジョブチューンで教えてくれたオクラのお好み焼きの作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

オクラのお好み焼きの作り方


材料
オクラ 20本
キャベツ 1/4個
豚ばら肉 150g
卵 3個
薄力粉 200g
和風だし 適量
サラダ油 少量

お好みソース 適量
かつお節 適量

作り方

  1. 生のオクラとキャベツをみじん切りにする。
  2. これをボウルに入れ、和風だしを加えた溶き卵を加え薄力粉を入れ粘りが出るまでかき混ぜる。
  3. 熱したフライパンにサラダ油を少量ひき、作ったタネを入れ上に豚ばら肉をのせ焼きます。
  4. 底の面に焼色が付いたら、ひっくり返して弱火でフタをして、火が通るまで焼いて完成。
  5. お皿に盛り付けお好みソースとかつお節をかけてお召し上がり下さい。
山芋の代わりにオクラを使うことがポイントです。

オクラは水に長時間さらすと水溶性の食物繊維が流れ出てしまうのでサッと洗って拭くだけで調理できます。

スポンサーリンク

ジョブチューン 血糖値の上昇を抑える薬味

血糖値の上昇を抑える薬味は、今が旬のオクラです。

オクラは、食物繊維が豊富で水に溶ける食物繊維と水に溶けない食物繊維の2種類を持ち合わせた野菜なんです。

オクラの中に含まれる食物繊維には体内にある糖質(ブドウ糖)に絡み付く性質があり、その食物繊維にコーティングされた糖類は、体内に吸収されず、排出されるので血糖値の急上昇を抑える事ができるんです。

更にオクラにはネバネバした成分が血糖値の上昇を抑える効果があるんです。

オクラの効果的な食べ方

刻んだオクラを麺つゆに入れそうめんと一緒に食べる。

そうめんは、炭水化物の塊なのでオクラでコーティングしてあげる事で血糖値の上昇を防ぐ効果が期待できます。

他には、オクラと豆腐のみそ汁

アツアツのみそ汁の中に刻んだ生のオクラを入れたみそ汁です。
オクラは熱に強い食品なので大事な栄養素が損なわれずに体内に入ってくれるので血糖値の上昇を防ぐ効果が期待できます。

オクラは、スーパーでは、1袋8本くらい入って約150円くらいで購入できます。

血糖値を簡単に計ることが出来る機器
↓↓↓

まとめ

ジョブチューン 血糖値の上昇を抑える薬味をお伝えしました。

国民病とも呼ばれる糖尿病は空腹時や食後の血糖値が基準値を超えて高くなっている状態のことを指します。

血糖値の基準値
空腹時 110㎎/dl
食後 140mg/dl

加齢とともにインスリンの分泌が減るため50代以上の方に糖尿患者が増加するそうです。

汗をかく夏場は血液中の水分が不足し、さらなる血糖値の上昇につながるそうです。

そんな血糖値の急上昇を防いでくれるのが なんです。

是非、この薬味オクラを食べて血糖値の上昇を予防していきましょう。



スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。