【名医のTHE太鼓判、隠れ塩分とは?】
6月18日放送の名医のTHE太鼓判で隠れ塩分について教えてれました。

番組ではモト冬樹夫婦、アントニーさん、が塩分の摂りすぎを検証!
改善策を教えてくれました。

では名医のTHE太鼓判で教えてくれた隠れ塩分と隠れ塩をとらないように気を付ける方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

【名医のTHE太鼓判】隠れ塩分とは?

50代以上は要注意!

通常の料理には、

一般的な焼き鳥の場合100g(2本)中0.8gの塩が含まれています。

そばつゆの中にも大量の塩分が含まれています。

厚生労働省が推奨する1日の塩分摂取量は、

  • 男性8g未満
  • 女性7g未満
日本人の1日の塩分、平均摂取量は、

男性10.8g
女性9.2g

とかなり基準値を超えて塩分を摂り過ぎていることがわかります。

塩分を摂り過ぎるとむくみの原因になるだけでなく、脳卒中や心筋梗塞の原因にもなってしまうんです。

血管の中に塩分が多くなると体内から水分を血管に取り入れ血管の中が膨張し高血圧になります。

スポンサーリンク

むくみ防止には減塩が効果的

大食いタレントのアンジェラ佐藤さんは、塩分の取り過ぎでむくみが酷いらしい。

新商品のPR打ち合わせでおにぎりを食べたアンジェラ佐藤さん。
20分で10個のおにぎりを間食。

普通のおにぎり1個の塩分量は、約1.4g

その10倍ですので単純にこの打ち合わせの間に14gの塩分を摂取しています。

その後、食べ放題のお店で昼食。

お塩と醤油を大量に使いなんと総重量は4.8㎏の食事でした。

その後、大食いのイベントに参加しラーメンの大食いにチャレンジ。
わずか15分でラーメン10杯、総重量6.1㎏を食べてしまいました。

この日アンジェラ佐藤さんは1日で総重量12㎏を食べたそうです。

気になる1日の塩分量は10.91gでした。

塩分を減らす事でむくみを減らす事も期待できます。

1週間で塩分が欲しくなくなる方法

モト冬樹夫婦、アントニーさんの3人は、
1週間の減塩にチャレンジしました。
しょうゆ、ソース、ドレッシングなどは一切かけない。

一般的に醤油100g中には塩分が14,5g含まれています。

中濃ソース100g中には5.8gの塩分が含まれています。
和風ドレッシング100g中には4.7gの塩分が含まれています。

どうしても醤油が欲しい人は、スプレー式の醤油さしを使うことをおススメします。

普通の醤油さしの場合1回にでる量が約3g

スプレー式にすると1プッシュ約0.1gとかなりの減塩に効果的です。

モト冬樹さん夫婦は、
焼き魚はレモンをかけ醤油は一切付けずに食べ、みそ汁は出汁を昆布からとり、味噌の量を減らしました。

モト冬樹さんの1週間の減塩生活の結果

1日の塩分総摂取量は、7.26g⇒5.01gに減りました。

奥さんの1日の塩分総摂取量の結果は、
3.50g⇒2.21gに減塩に成功。

アントニーさんの1週間減塩メニューは、スパイスによる減塩。

山椒、バジル、一味唐辛子、コショウ、カツオの粉、カレー粉、など粉末状のものや

お酢、ごま油、マスタード(無塩)、ニンニク(無塩)、生姜(無塩)、ラー油などスーパーで手に入る物で減塩にチャレンジ!

スパイスの刺激で塩気が無くても美味しく食べれるそうです。

まとめ

【名医のTHE太鼓判】隠れ塩分とは?についてお伝えしました。

先生によると濃い味になじんだ味覚を戻すことが減塩の極意だそうです。

日本人は塩分について気にしなすぎだと言われています。
これを機会に塩分に気を付けて健康に過ごしていきましょう。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。