5月21日放送のヒルナンデスレシピの女王で堀ちえみさんが「豆苗の冷やし中華」のつくり方を教えてくれました。

通常の冷やし中華に比べ、中華麺の代わりに春雨を使っているので60%もカロリーoffになるそうです。

そんな嬉しいヘルシーメニューの作り方を早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

【ヒルナンデス レシピの女王】豆苗の冷やし中華のつくり方

材料 2人分
豆苗 1袋
春雨 80g
サラダ菜 8〜10枚
きゅうり 1/2本
コーン 50g
ハム 4枚

調味料
お酢 大さじ1と1/2
ごま油 大さじ1
砂糖 大さじ1
しょう油 大さじ2
水 大さじ1

作り方

  1. 豆苗の根をとり、半分に切ります。
    ボウルに春雨を入れ、切った豆苗を一緒に入れ、熱湯を適量注ぎ春雨を戻していきます。
    (この状態で5分間放置。)
  2. きゅうり、ハムを細切りにしておきます。
  3. タレの準備
    別のボウルにお酢 大さじ1と1/2、砂糖 大さじ1、しょう油 大さじ2、水 大さじ1、ごま油 大さじ1を入れよく混ぜておく。
  4. お湯で戻していた春雨が5分たったらザルにあけ流水で洗います。
  5. 良く水を切って、サラダ菜を引いたお皿に盛り付けます。
  6. その上に始めに切ったキュウリとハムをちらし、コーン 50gもふりかけ、最後にタレを回しかけて完成。
スポンサーリンク

まとめ

【ヒルナンデス レシピの女王】豆苗の冷やし中華のつくり方をお伝えしました。

豆苗と春雨を一緒のボウルでお湯につけてもどすだけの時短レシピは、簡単で嬉しいですね。
春ダメをお湯で戻すとかなりのボリュームがあるので結構満足するメニューかもしれません。

ゲストの吉田沙保里さんも簡単そうに作っていましたよ。

もしよかったらレシピを参考に豆苗の冷やし中華を作って見てはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。