5月9日放送の「おびゴハン」で村田 明彦さんが高菜やきめし 納豆そぼろがけの作り方を紹介してくれました。

今週の「おびゴハン」は5月病に負けるな!
スタミナ料理を紹介してくれています。

このレシピは、簡単にできる高菜と納豆そぼろを使った体にも嬉しいレシピです。

では早速、おびゴハンで村田 明彦さんが教えてくれた「高菜やきめし 納豆そぼろがけ」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびゴハンレシピ 「高菜やきめし 納豆そぼろがけ」の作り方

材料 2人分
ご飯 茶碗2杯分
卵 1個
高菜 50g
ゴマ油 適量
こしょう 適量
酒 大さじ1

納豆そぼろの材料
豚ひき肉 100g
ひきわり納豆 2パック
長ネギ 1/2本
だし醤油 大さじ1

作り方

  1. 納豆をザルにあけ、軽く水で洗い流して水気をきる。
  2. フライパンにごま油をひき、ひき肉を強火で炒めます。
  3. ひき肉に火が通ったら斜め切りにした長ネギを入れしんなりするまで炒める。
  4. ネギがしんなりしたら洗った納豆を入れ軽く炒めたらダシ醤油を入れ炒める。
  5. 全体的にダシ醤油が混ざったらボウルに移しておく。
  6. 別のフライパンにゴマ油を熱し、卵を入れて軽く炒め、ご飯を加えて炒める。
  7. 軽く炒めたら、高菜を入れある程度炒め、そこへ酒、こしょうで味付けして炒める。
    (味がしっかりした方が好きな人は、塩、しょうゆを加えてもOK)
  8. 器に盛り、ボウルに移しておいたそぼろをかけて完成。
スポンサーリンク

まとめ

おびゴハンレシピ 「高菜やきめし 納豆そぼろがけ」の作り方をお伝えしました。

結構簡単にできる焼き飯は、パッと作れて嬉しいレシピですね。
高菜と納豆の栄養も摂れて体にも嬉しいレシピです。

高菜にはβ-カロテンやビタミンCなどの栄養が豊富に含まれており、生活習慣病を予防してくれたり、細胞の老化防止、美容効果などが期待できるんですよ。

また、納豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンの一つでホルモンバランスを保ってくれます。
さらにナットウキナーゼという成分が血液をサラサラにしてくれる作用もあり体にも非常に良い食事です。

もしよかったら、あなたもこのレシピを参考に「高菜やきめし 納豆そぼろがけ」を作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。