5月8日放送の「おびゴハン」で銀座 やまの辺の山野辺 仁さんがレバニラ炒めの作り方を紹介してくれました。

今週の「おびゴハン」は5月病に負けるな!
スタミナ料理を紹介してくれています。

このレシピは、レバーの臭いを感じさせない作り方でレバー嫌いな子供にもおススメのレシピだそうです。

では早速、おびゴハンで山野辺 仁さんが教えてくれた「レバニラ炒め」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびゴハンレシピ 「レバニラ炒め」の作り方

材料
鶏レバー 250g
牛乳 適量(レバーがひたるくらい)
もやし 100g
ニラ 100g

生姜のしぼり汁 小さじ1
お塩 少々
片栗粉 大さじ1.5

タレの材料
しょうゆ  大さじ1
みりん 小さじ2
酒 大さじ1
オイスターソース 小さじ1/2
お酢 小さじ1
水溶き片栗粉
(水・片栗粉) 各小さじ1

作り方

  1. ニラを3㎝くらいの長さに切り、茎の部分は縦に切る。
  2. もやしを茹でておく。
  3. 鶏レバーは筋や血合いを取り除き、一口大の大きさにカットする。
    (丁寧に下処理することでレバーの臭みは半減します。)
  4. バットに鶏レバーを入れ、そこへ牛乳を入れ10分寝かせ臭みをとる。
    (牛乳で揉みこんで臭みを取る。)
  5. 10分後、お水で牛乳をサット流し、キッチンペーパーで水気を切りボウルに移す。
  6. そこへ、生姜のしぼり汁、お塩を入れ軽く揉みこんで、片栗粉を入れ混ぜる。
  7. タレを作る
    しょうゆ、みりん、酒、オイスターソース、お酢、水溶き片栗粉をボールで混ぜておく。
  8. 熱したフライパンに多めのサラダ油をひき、臭みを取ったレバーを入れ炒める。
    (パサつかないようにゆっくり低温で炒めていく。揚げ焼のような感じ。)
  9. レバーに7割くらい火が入ったらザルに取り出し油をきる。
  10. 空いたフライパンに豆板醤、にんにく、生姜のみじん切りを加え、香りをだし、ザルに上げたレバーを戻し、
    ニラ、茹でたもやしを入れ、タレをかけ炒める。
  11. 火を止め塩コショウ、ごま油をたっぷり入れよく混ぜたら完成。

この日の北斗さんのレシピはこちら

スポンサーリンク

まとめ

【おびゴハン レシピ】レバニラ炒めの作り方をお伝えしました。

レバーが嫌いなひとは多いと思いますが、レバーには必須アミノ酸がバランスよく含まれていて、「栄養の宝庫」といわれています。

抗酸化作用があり、新陳代謝を促して免疫力を高めてくれたり、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

特に鶏レバーは美容やダイエットに効果的と言われているので積極的に食べたい食材の1つなんです。

そんなレバニラ炒めがお家で美味しく作れたら嬉しいですね。

もしよかったら、あなたもこのレシピを参考に作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。