5月3日放送の得する人損する人で家事えもんが「サラダお好み焼き」の作り方を紹介してくれました。

では早速、得する人損する人で家事えもんが教えてくれた「サラダお好み焼き」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

【特損かじえもんのダイエットレシピ】サラダお好み焼きの作り方

材料

もやし 40g
ひじき 70g
レタス 適量
ミニトマト 適量
小麦粉 大さじ3
砂糖  適量
粉チーズ
卵 1個
お好み焼きソース 適量

作り方

  1. ボウルにひじきを入れ、砂糖を加えひじきがひたるくらいのお水を入れひじきを柔らかくする。
  2. ひじきが戻ったらザルに開けお水を切る。
  3. 別のボウルに小麦粉、粉チーズ、卵白、半分にちぎった、もやし、得技で戻したひじきを入れ良く混ぜます。
    (粉チーズを入れる事で糖質が減らせさらに、カリッと仕上がるため美味しさも増します。)
  4. 良く混ざったらフライパンで片面4分、裏面を3分焼く。
  5. お皿に盛り付け、その上に細かく切ったレタスと4等分に切ったミニトマトをちらし、卵黄を中央にのせ、お好み焼きソースをかけ完成。
ポイント
ひじきを水で戻す際、お砂糖を入れる事でふっくらと美味しいひじきに仕上がります。

ひじきには、そもそも微量の糖分が含まれており、水に砂糖を入れる事で、ひじき中と外で糖分濃度の差が生まれ、
濃度に差があるときは、濃い方から、薄い方へ、液体が移動する浸透圧の影響で外の砂糖水がひじきの中に移動して、
真水で戻すより多くの水分が取り込まれ、ひじきが柔らかくなる。

砂糖には保水効果があるため調理中フライパンで加熱しても水分が残って柔らかさは、キープするそうです。

水に砂糖を加えひじきの水分量を増やせば、やわらかくなりダイエット効果がUPします。


伊勢ひじきを食べてみたい方は、お取り寄せも出来るようです。

スポンサーリンク

家事えもんダイエットレシピ 動画

まとめ

【特損】かじえもんのダイエットレシピ「サラダお好み焼き」の作り方を、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

この日、家事えもんが訪れたのは、三重県。

三重県の人に肥満が少ない理由に海藻類のわかめやひじきを多く食べているからなんだそうです。

三重県で食べられているひじきは、伊勢ひじきと呼ばれるもので、一般的なひじきより大きくて柔らかいのが特徴だそうです。
そんな三重県産のひじきは、水分量が多くふっくらしていて美味しいのだとか。

ひじきには、食物繊維がごぼうの約7倍も含まれていて、余分な脂質の吸収を抑えたり、腸内環境を整えたりと身体に良い食材でダイエットに効果的です。

もしよかったら、あなたもこのレシピを参考に「サラダお好み焼き」作ってみてはどうですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。