5月1日放送の「おびゴハン」で季旬 鈴なりの村田 明彦さんが「ふわふわ!明石焼き」の作り方を紹介してくれました。

今週はホットプレート料理を紹介してくれます。
ふわふわ!明石焼きのレシピとっても楽しみですね。

では早速、おびゴハンで奥野 義幸さんが教えてくれた「ふわふわ!明石焼き」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびゴハンレシピ 「ふわふわ!明石焼き」の作り方

材料

タコ 100g前後
キャベツ 2~3枚(約80g)
青ねぎ 5本
トマト 1個
卵 2個
昆布だし(市販の昆布だしをお水で溶いたもの)400ml
薄力粉 70g
片栗粉 10g
薄口しょうゆ 小さじ1

ごま油 適量

和風だしの材料
かつおだし 300ml
お塩 小さじ1/2
みりん 小さじ1
薄口しょうゆ 小さじ1

作り方

  1. トマトを小さめにのさいの目切り、キャベツは粗みじん切りにタコは、小さ目乱切りにする。
    中に入れる具材は、小さ目に切るのがポイント
  2. 生地作り
    ボウルに卵2個を割り入れ、昆布だし400mlを入れ、良く混ぜ、そこへ薄力粉、片栗粉、薄口しょうゆを入れよく混ぜる。
    (片栗粉を入れる事によりサックと仕上がる。)
  3. 良くまぜたら、一度ザルで超す。水分量は多いので不安にならずにOKです。
    (生地は20~30分寝かす。)
  4. 付だれの和風だしを作る。

    鍋にカツオだし300mlを入れ、塩、みりん、薄口しょうゆを入れ火にかけひと煮立ちさせお出しの完成。

  5. 明石焼きを焼く
    たこ焼きプレートにごま油をたっぷりひき、生地を流し込み、切ったそれぞれの材料を入れて、全体に青ネギをちらし生地が固まりだしたら、外側にある生地を穴の中に入れていく。
  6. くるっと丸め焼きあがったら完成。
豆知識
整形用のピックや竹串は、油に漬けておくと生地が付きにくくなります。
竹串やピックの代わりに小さいスプーンを使っても上手に記事を丸める事ができます。
スポンサーリンク

まとめ

【おびゴハン レシピ】ふわふわ!明石焼きの作り方を、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

たこ焼きプレートを使った明石焼き。
ソースで食べるのではなく、お出汁で食べる明石焼きは、飽きずに食べれそうですね。

子供達とわいわいにぎやかに食卓で出来るメニューで楽しそう!

もしよかったら、あなたもこのレシピを参考に作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。