4月28日放送の「世界一受けたい授業」で内臓脂肪を最速で落とす方法と脂質がまったく入っていないのに脂肪がついてしまう残念な食べ物を紹介してくれました。

教えてくれたのは、「内臓脂肪を最速で落とす」の著者、奥田昌子 先生です。

先生の話によると内臓脂肪をすぐに燃えて消えていく、体質に変える事ができるそうです。

では早速「世界一受けたい授業」で紹介された内臓脂肪を最速で落とす方法と残念な食べ物を見ていきましょう。

スポンサーリンク

世界一受けたい授業、内臓脂肪を最速で落とす方法と残念な食べ物

内臓脂肪の危険な目安

へそまわりが

  • 男性 85㎝以上
  • 女性 90㎝以上

これをこえるとアウトです。

男性で185㎝以上の身長の方は、身長の半分のへそまわり長さ以上はアウトです。

内臓脂肪は、エネルギーに変わるとき大量の脂肪酸が出来ます。
この脂肪酸は、静脈に取り込まれ、全身に流れていきますが、最初に流れ込むのが肝臓で脂肪酸が多すぎると肝臓で脂肪酸を分解することが出来なくなり、脂肪肝になってしまう。

脂肪肝は肝臓がんのリスクを高めてしまいます。

40代以上の肥満では認知症の発症率が3倍にもあがるそうです。

 

内臓脂肪の多い人に見られる症状が便秘
内臓脂肪が多く付きすぎると腸が自由に動かず食べ物をスムーズに送る事が出来なくなり便秘になります。

 

また、内臓脂肪が胃を圧迫して、食べ物が食道に上がってしまう逆流性食道炎も良くある症状だと言います。

 

内臓脂肪を落す3つの方法

その1 脂質を抑える

脂質の代表がお肉、料理を作るときに無駄な脂身を取ったり、鶏肉の皮は取りましょう。
調理法は、揚げるより、焼いた方が良く、焼くよりも煮たほうが脂肪の量が少なくなります。

魚にも脂質はあるが青魚は食べた方が良い。
青魚には、DHAやEPAなどと言った内臓脂肪をつきにくくする働きがあります。
特にサバの味噌煮はおススメのメニューです。

その2 アディポネクチンを増やす。

脂肪を燃やしてくれる物質が脂肪細胞から分泌される善玉物質のアディポネクチンという物質です。
しかし日本人の約40%の人は、このアディポネクチンが少ない。

アディポネクチンを増やす食べ物

玄米がおススメ

大豆と玄米のキーマカレーは、玄米が食べやすくなりおすすめです。

玄米カレーに、お肉は入っていません。

その他に、オクラやトマト、ひじきなどの海藻もアディポネクチンを増やすと言われています。

その3 有酸素運動をする。

内臓脂肪を減らすのは男性ホルモンで運動をすると男性ホルモンが増えることがわかっています。

運動をすれば女性でも脂肪を燃やすことができます。

おすすめの運動は有酸素運動のウォーキングで
1日30分 スピードは速めで、笑いながら会話ができるスピードが目安だそうです。

ウォーキングの前に筋トレを10分すると内臓脂肪が落ちやすくなる。

筋トレは腕立て伏せなどなんでも良いので、10分間汗ばむ程度行うと良いそうです。


その他、内臓脂肪を増やす原因は睡眠不足にも関係していたんです。
睡眠不足になるとグレリンという物質が胃のに表れ、食欲を高めてしまうんです。

 

逆にレプチンと言う食欲を抑える物質が少なくなるので満腹感を得られず食べ過ぎてしまう。

脂質が入っていないのに脂肪がついてしまう残念な食べ物

お酒と果物は、飲み過ぎ、食べ過ぎに注意!

お酒と果物には、脂質がほとんど入っていないにも関わらず、脂肪を増やす要因となってしまいます。
お酒は、食欲を高めるホルモンを胃と悩から分泌し、内臓脂肪を溜めてしまいます。

果物に含まれる果糖は、血糖値を上げないため、悩から満腹シグナルがでないため、ついつい食べ過ぎてしまう原因になり、肝臓で中性脂肪に変わってしまうのです。

内臓脂肪がつきにくい果物

いちご

いちごは果糖が少なく、ブドウ糖と果糖が結びついて出来るショ糖も少ないんです。
どうしても果物が食べたい時は、イチゴがおススメです。


奥田昌子 先生の本「内臓脂肪を最速で落とす」

スポンサーリンク

まとめ

【世界一受けたい授業】内臓脂肪を最速で落とす方法と残念な食べ物を、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

 

日本人の平均寿命は男性が80.98歳に対し、女性は87.14歳と女性の方が約6年長生きすると言うデータが出ています。
これは、ガンや糖尿病で死亡する男性が多いことが原因でその根本的な原因が内臓脂肪と言われています。

 

 

内臓脂肪は増えすぎと、体をむしばんでしまうので注意が必要です。

脂肪が多くつくと満腹中枢が鈍くなり、食べるのを止める指令が鈍くなり、食欲が止まらなくなります。

 

内臓脂肪を多く持つのは大人ばかりでなく子供にも多いそうです。
最近では、子供の10人に1人が肥満で血管が硬くなる動脈硬化の子もいるようです。

 

また、痩せていても内臓脂肪が多い方もいるので注意が必用です。

一番ダメなのが寝不足、運動不足、脂質の多い食事です。
内臓脂肪が気になる方は、脂ものの食事を控え、良く寝て、30分のウォーキング運動をしましょう。

特に隠れメタボは女性に多いと言われています。

 

今回の世界一受けたい授業の食事と運動を参考に内蔵脂肪を減らし、健康な体づくりを目指していきたいですね。

 


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。