4月28日放送のごはんジャパンは、広島・廿日市市大野地区でとれる大野アサリ。

この大野アサリを使った絶品イタリアンを作ってくれたのは、片岡護シェフ。
美味しそうな「大野アサリ」料理を作ってくれました。

では早速、ごはんジャパンで紹介された、絶品イタリアン大野アサリを使ったレシピ(作り方)を見ていきましょう。

スポンサーリンク

【ごはんジャパン】大野アサリのボンゴレビアンコ レシピ(作り方)

材料
大野アサリ 400g
パスタ 160g
にんにく(大) 1かけ
赤唐辛子 2本
オリーブオイル 大さじ5
白ワイン 80cc
パセリのみじん切り 大さじ2
塩 少々
粗びき黒こしょう

作り方

  1. にんにくを縦半分に切ってしんを取り除き、みじん切りにし、赤唐辛子はへたと種を取り除く。
  2. フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れてから弱火にかける。
  3. にんにくがきつね色になり香りがたったら、大野あさり、アンチョビペースト、白ワイン、パセリ大さじ2を加え、中火にしてフタをして2~3分、あさりの殻が開くまで蒸し煮にする。
  4. あさりの殻が開いたらフタを取りあさりをボウルに取りだし、塩、粗びき黒こしょうを少々をふって、煮汁が半分くらいになり、白っぽくなってくるまで煮つめる。
  5. ゆでたパスタをフライパン中へ入れ、よく混ぜ合わせ、塩、粗びき黒こしょうを少々ふり、味をととのえ、あさりを戻す。

  6. 良く絡んだらお皿に盛り付け、パセリをふり完成。
あさりを美味しく食べる3つのポイント
ポイント1 あさりの砂抜き
50℃のお湯にあさりを約5分つけ殻をこすり合わせる事で、あさりが口を開き、砂を吐き出します。
あさりの身がふっくらする効果もあります。
50℃以上になると、あさりが死んでしまい、旨みが外に出てしまうので注意。

ポイント2 
オリーブオイルでにんにく、たかの爪を炒めあさりを入れたら白ワインで蒸す。
そこへ、アンチョビペーストでうま味をプラスする。

ポイント3
貝が開いた瞬間にフライパンから、あさりを取り出す。
火が入り過ぎると、あさりが硬くなり、旨みが逃げてしまう。

スポンサーリンク

ボンゴレビアンコの作り方 動画

プロが教える ボンゴレビアンコ~アサリの白ワイン風味~

大野アサリお取り寄せ情報

大野アサリのお取り寄せは、楽天市場からお取り寄せできるようです。

もし気になる方はこちらからチェックしてみて下さい。

大野アサリをチェックする。

まとめ

【ごはんジャパン】大野アサリのボンゴレビアンコ レシピ(作り方)を、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

広島・廿日市市大野地区でとれる大野アサリは、収穫した後に、地下からくみ上げたきれいな海水につけ、徹底的に砂抜きをしているそうです。

そうすることによって、大野あさりは砂抜きの必要がなく、本来のおいしさを味わえるそうです。

もしよかったら、あなたもこのレシピを参考に作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。