4月28日放送のサタデープラス(サタプラ)で旅に出なくても食べたい、絶品駅弁のBEST3を紹介してくれました。

旅のお供に駅弁があると、さらに旅が楽しくなりますよね。

ゴールデンウィークに旅行の予定が無い人でも、この駅弁を食べると旅行に行った気分が味わえるかも知れません。

では早速、サタデープラス(サタプラ)で紹介された絶品駅弁ベスト3を見ていきましょう。

スポンサーリンク

サタデープラス(サタプラ)紹介、絶品駅弁BEST3

はじめに紹介されたのは、岩手県三陸鉄道の堀内駅から
ここは、連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地でも有名になった場所で、
絶景と食べたい 日本一の車窓を味わう駅弁が紹介されました。


出典 食べログ

「うに弁当」1470円(税込み)

この「うに弁当」は、三陸鉄道 久慈駅で販売されているお弁当で、
三陸沖で取れたばかりの雲丹をたくさん使ったお弁当です。

なんと1つのお弁当に雲丹が6~7個も入ったお弁当でご飯はウニの汁と、
ウニの身を使って炊いたご飯を使用しているそうです。

まさに、雲丹づくしの駅弁です。

この「うに弁当」は、1日限定20個しか販売しておらず、午前中に売り切れてしまうこともある幻の駅弁なんです。

この「うに弁当」電車に揺られながら食べるのがおススメ!
宮古駅行きの進行方向の左手窓側の席に座り、
絶景の大沢橋梁と言う橋の上から食べる事でさらに駅弁が美味しく味わえます。

スポンサーリンク

サタデープラス(サタプラ)紹介、絶品駅弁BEST2

旅に出なくても食べたい 東京駅で買える人生最高の駅弁。
八重洲中央口 近くの「駅弁屋 祭り」には日本各地から集められた駅弁を200種類以上、販売しているそうです。

このおみせでは、1日に約1万個の駅弁が売れているそうでGW時には1日2万個の駅弁が売れるそうです。

その中で売れ筋の駅弁を紹介してくれました。

「駅弁屋 祭り」の売れ筋ベスト3

第3位 東京弁当 1650円(税込み)


出典 トラベル Watch

人形町 魚久のキングサーモンの粕漬けや、築地青木の卵焼き、浅草 今半の牛肉たけのこなど、
東京の老舗の味が一気に味わえる駅弁です。


第2位 新潟駅のえび千両ちらし 1300円(税込み)

出典 (株)新発田三新軒

箱一杯にひきつめられた厚焼き玉子の下に、エビ、イカ、うなぎ、こはだ、などの具材がたっぷり入った豪華なお弁当


第1位 山形・米沢駅 牛肉どまん中 1250円(税込み)

出典 ジョルダンの旅行ガイド

秘伝のタレで味付けした牛ロースのそぼろがお弁当箱にぎっしり詰まったお弁当。
「駅弁屋 祭り」開店以来、不動の1位をキープする大人気の駅弁です。


しかし、達人がおススメする駅弁は、人気駅弁とは別の物でした。

達人がおススメする絶対に食べて欲しい駅弁3選

第3位 千葉県 木更津駅 「漁り(あさり)」1150円 (税込み)

出典 ジョルダンの旅行ガイド

木更津は、潮干狩りで有名で、今旬のあさりが1箱に50gも入った他のあさり弁当を圧倒する量が入っています。


第2位 新潟駅 「焼漬 鮭ほぐし弁当」1080円(税込み)

出典 日本鉄道構内営業中央会

焼漬という焼いた鮭を熱々のうちに特製タレに漬けた、新潟県の郷土料理をご飯に乗せた駅弁です。


第1位 仙台駅 「極選 炭火焼き牛たん弁当」1350円(税込み)

出典 jov’s world

牛タンは、特製の塩ダレに漬け込み1枚1枚丁寧に炭火で焼き上げた極上の駅弁です。

東京駅では、200種類以上の駅弁がそろっていて、旅に出られない方でも、駅弁を楽しむことができます。

サタデープラス(サタプラ)紹介、絶品駅弁BEST1

即完売 北国夫婦が生み出す幻の駅弁
北海道 室蘭駅 「母恋めし」1188円(税込み)

出典 食べログ

ほっき貝の炊き込みご飯を食べやすく、おにぎりにしたお弁当です。

地元名産のほっき貝のおにぎりが2つと燻製のタマゴ、スモークチーズ、ナスの漬物が入った駅弁。

この「母恋めし」は、1日限定40食

販売されている場所は、母恋駅と室蘭駅の2つの駅で9時開店と同時に即完売する日もあるそうです。

ほっき貝は今が旬で身も厚く子持ちでプリップリの食感が楽しめます。

この母恋めしを食べたい方はお取り寄せも出来るそうです。
予約受付番号・FAX:0143-27-2777(北海道から関東エリアまで発送可能)
※発送までお時間がかかることがあります。
ホームページはこちら⇒https://www.bokoimeshi.com/
営業時間:9時00分~17時00分ごろ
定休日:年中無休(1月1日~1月3日)

まとめ

サタデープラス(サタプラ)で紹介の絶品駅弁ベスト3を、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

今回この駅弁を紹介してくれたのは、駅弁クィーンこと、小林しのぶさん。
駅弁歴30年以上、5000個以上の駅弁を食べた達人です。

駅弁は全国に4000種類以上あるそうで、その中で毎年3分の1は、新しく生まれ変わるそうです。

なんと4月10日は、「駅弁の日」だそうで、その日を境に続々と新作の駅弁が登場するんだって。

美味しい駅弁を選ぶコツは、中身が写真で紹介されていますが、ケバケバしい駅弁は避け、
色味の地味なお弁当を選ぶと美味しい駅弁のことが多いそうです。

と~っても美味しそうな駅弁。

あなたも是非、駅弁を食べてみて下さいね。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。