4月24日放送の「この差って何ですか」で納豆の正しい食べ方とダメな食べ方を教えてくれました。
納豆のどんな食べ方が正しくて、納豆のどんな食べ方がダメなのでしょう?

では早速、納豆の正しい食べ方とダメな食べ方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「この差って何ですか」で納豆の正しい食べ方とダメな食べ方

栄養効果が得られる納豆の食べ方 第1問

Q 納豆を食べる時ご飯にかけて食べる方が多いと思いますが栄養効果が得られる納豆の食べ方次のどっち?

A.炊きたてのご飯にかけて食べる
B.冷えたご飯にかけて食べる

答えはB
熱々のご飯に納豆をかけてしまうと納豆の重要な栄養素が死んでしまいます。
納豆には、ナットウキナーゼと言う酵素が含まれており、
この、ナットウキナーゼには、脳卒中や、心筋梗塞を予防する効果がある。炊きたてのご飯は、約80℃くらいあり、ナットウキナーゼは、70℃以上になると死んでしまうので
冷ましたご飯(40℃~45℃)にかけて食べた方が納豆の栄養効果が得られます。

納豆チャーハンや納豆パスタは効果なし?
納豆に含まれる、タンパク質やカルシウム、マグネシウム、鉄分、食物繊維などは、熱を加えても壊れません。
しかし、ビタミンB1は熱々のご飯の上に乗せてしまうと死んでしまう。

 

栄養効果が得られる納豆の食べ方 第2問

Q 納豆を食べるのに朝ごはんに食べる時と晩ご飯に食べる時がありますが、どちらの方がより栄養効果が高い?

A.朝ごはんに納豆を食べる
B.晩ごはんに納豆を食べる

答えはB

ナットウキナーゼには、脳卒中や、心筋梗塞を予防する効果があるとお伝えしましたが、この病気は、血管の中に血液の固まりが出来る事によって起きる病気で、血管の中で血液の固まりやすい状態が、夜寝ている時です。

なので、夜に血液をサラサラにする必要があり、ナットウキナーゼには、固まった血液を溶かす作用があり、血液をサラサラにする効果のあるんです。

ただ、納豆を食べてすぐに効果があるわけではなく、ナットウキナーゼは、納豆を食べてから約4時間後に効果を発揮するそうです。

ですので、寝る4時間前に納豆を食べた方が良い。
ナットウキナーゼの活性時間は、およそ8時間と言われており、ほぼ睡眠中は、効果が期待できるそうです。

栄養効果が得られる納豆の食べ方 第3問

納豆を食べる時に色々とトッピングをする人も多いと思います。
アンケート結果のトッピングの人気順

第5位 とろろ
第4位 海苔
第3位 キムチ
第2位 生卵
第1位 ネギ

Q. 上記トッピングの中で納豆の栄養効果を逃してしまうトッピングがありますがそれはどれ?

.
.
.
.
.
.

答えは生卵

納豆の中には、肌荒れや髪のパサつきを抑えるビオチンという物質が豊富に含まれているんですが、
卵の卵白に含まれるアビジンという物質が含まれているのですが、この物質と一緒に食べる事で、

納豆に含まれるビオチンが体に吸収されなくなってしまう。
黄身にはアビジンが含まれていないので卵白を除きトッピングする分には問題なく食べても良い。

ネギ+納豆の相性はすごく良く、ネギには硫化アリルと呼ばれる物質が含まれており、
納豆の血液サラサラ効果がさらに倍増する。

納豆と相性の良い組あわせ

他にもキムチ+納豆も相性が良く、キムチのカプサイシンが血管を広げる効果があり、血流が良くなり新陳代謝が良くなる。

納豆+牛乳
牛乳に含まれるカルシウムは体に吸収されやすく、カルシウムを骨まで運ぶには、ビタミンKが必要でそのビタミンKは納豆の中に多く含まれている。納豆と一緒に牛乳を飲む事で、カルシウムの吸収を促進し、骨粗しょう症の予防にも効果があります。

北海道には「牛乳納豆茶漬け」と言う料理もあります。

牛乳納豆茶漬けの作り方

材料 2人前
牛乳 140㏄
薄口しょうゆ 小さじ1
だし汁 60㏄
納豆 適量
ご飯 適量
ネギ 適量

作り方

  1. お鍋で牛乳を温め、そこへだし汁、薄口しょうゆを加る。
  2. お茶碗にご飯、納豆、ネギをのせ、そこへ牛乳をかけ完成。

牛乳臭さが無くなり、少しチーズっぽい味になるそうです。

良かったらお試しください。

栄養効果が得られる納豆の食べ方 第4問

Q 納豆には、大粒、小粒などの粒納豆の他に、ひきわり納豆がありますが?納豆の栄養効果が高いのはどっち?

A. 粒納豆
B. ひき割り納豆

答えは、B.ひき割り納豆です。

ひきわり納豆には、ビタミンKの含有量が粒納豆より多く

ビタミンKの含有量hは、
粒納豆 600マイクログラム
ひきわり納豆 930マイクログラム

ひきわり納豆の方がビタミンKの含有量が約1.5倍多いそうです。

 

粒納豆の場合1粒1粒、発酵するのに対し、ひきわり納豆の方は、大豆の粒を初めから砕いて全体で発酵している為、表面積が広くなり、ビタミンKの含有量が増える。

 

更に、ひきわり納豆の中には、「スペルミジン」と呼ばれる成分が含まれていて、認知症を予防する効果があるそうです。

粒納豆とひきわり納豆を選ぶ場合、ひきわり納豆を選択した方が栄養効果が高い。

 

スポンサーリンク

まとめ

【この差って何ですか】納豆の正しい食べ方ダメな食べ方を、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

納豆の正しい食べ方は、

冷ましたご飯の上に、ひきわり納豆をかけて食べる。
更に牛乳も一緒に飲むと納豆の栄養を効率良く吸収することが出来ます。

食べる時間帯は、朝よりも夜、寝る前4時間に食べた方が良い。

もしよかったら、牛乳納豆茶漬けもお試しください。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。