4月24日放送のあさイチで鶏むね肉を使った疲れぶっ飛びレシピ(作り方)を紹介してくれました。

今回このレシピを紹介してくれたのは、管理栄養士の望月理恵子さん。

では早速、あさイチで紹介してくれた、鶏むね肉の疲れぶっ飛びレシピ(作り方)を見ていきましょう。

スポンサーリンク

【あさイチ】鶏むね肉の疲れぶっ飛びレシピ 下準備

材料
鶏むね肉 100g
酒大さじ3
オリーブオイル適宜
塩適宜
コショウ適宜

作り方

  1. 鶏むね肉を熱が通りやすいように2㎝の厚さに手で開き平らにする。
  2. 開いたらお酒をたっぷりかけ、オリーブオイルをまんべんなく手の平で塗っていく。
    (オリーブオイルを塗る事で水分の流出を防ぐ)
  3. 耐熱皿に鶏むね肉をのせラップをして、600wの電子レンジで片面3分、裏返してもう一度3分加熱します。
電子レンジを使うのがポイント
疲労回復成分の、イミダゾールジペプチドは、茹でてしまうと、煮汁に溶けだし、逃げてしまうので電子レンジで温める。

鶏肉むね肉の欠点を解消するポイント
鶏肉むね肉は、パサパサ感が出てしまうので、お肉を平らに開いたときに、お酒をたっぷりかける。
お酒をかける事で保水力を高めパサパサ感を解消できる。

こちらの鶏肉は、作り置きも大丈夫です。
ジッパー付の保存袋に入れ冷蔵庫で約1週間の保存が可能!

スポンサーリンク

【あさイチ レシピ】カオマンガイの作り方

材料
レンジでチンした鶏むね肉 100g
長ねぎ 10cm
ごはん1杯
サラダ油 大さじ1/2
顆粒スープの素 小さじ1/2
チューブにんにく 適量
チューブしょうが 適量
しょうゆ 大さじ1/2
酢 適量
ごま油大さじ1

作り方

  1. ボウルにねぎ、にんにく、しょうが、しょうゆ、酢、ごま油を入れ混ぜネギソースを作る。
  2. ご飯に顆粒スープ、サラダ油を少々加え混ぜ、お皿に盛り付ける。
  3. 盛り付けたご飯の上に、先程作った鶏肉むね肉を食べやすい大きさに切ってのせネギソースをかけて完成。

【あさイチ レシピ】鶏むね肉と梅肉の煮込み風の作り方

材料
レンジでチンした鶏むね肉 100g

青じそ2枚
梅干し2個
砂糖小さじ1
和風だしのもと小さじ1
みりん小さじ1
しょうゆ小さじ2
かたくり粉大さじ1
酒小さじ2

作り方

  1. タネをとった梅干しに砂糖、みりん、和風だしを加え良く混ぜ梅肉ソースを作る。
  2. レンジでチンした初めに作った鶏むね肉を酒としょうゆに5分漬け込む。
  3. 5分後、片栗粉をまぶします。
  4. 片栗粉をまぶしたら、熱したフライパンに油を軽くひき、焦げ目がつく程度焼く。
  5. 焦げ目が付いたら梅肉ソースを絡め完成。
ポイント
鶏肉に片栗粉をまぶすことで、梅肉ソースと絡みやすくなる

梅にはクエン酸が含まれており、1日に2個とると疲労回復に効果が期待できます。

【あさイチ レシピ】アヒージョの作り方

材料
レンジでチンした鶏むね肉 100g
玉ねぎ 20g
しめじ 25g
オリーブオイル 適量
にんにく 1片
鷹の爪1本

作り方

  1. フライパンにオリーブオイル、にんにくのみじん切り、丸ごとの 鷹の爪1本を入れ火をつける。
    (にんにく、鷹の爪を入れてから火をつけるのがポイント。はじめにフライパンを温めておくとにんにくが焦げてしまい苦くなるので注意。弱火で油に、にんにくの香りをつける。)
  2. にんにくの香りが立って来たら、玉ねぎ、しめじを入れ玉ねぎがしんなりしたら、
    レンジでチンした鶏むね肉を一口大に切って入れ、約1分ほど炒め完成。

まとめ

【あさイチ】鶏むね肉の疲れぶっ飛びレシピを、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

鶏肉の味は、主張しないので、アレンジが豊富にできる食材です。

ご紹介したレシピ以外にも、野菜をたっぷり煮込んで鶏むね肉をあわせポトフにしたり、
マスタードソースで食べたり、トマト、ナス、パプリカなどと煮込んでラタトゥイユなどの料理にもアレンジできちゃいます。

いろんな料理に変身できる、鶏むね肉の疲れぶっ飛びレシピでした。
保存期間も1週間あるので、たくさんのレシピが楽しめそうですね。

よかったらこのレシピを参考に作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。