4月24日放送の「おびゴハン」で金 順貞さんが「サバとキムチの煮付けの作り方」の作り方を紹介してくれました。

今週は春の食材を使ったご飯が止まらない最強おかずを紹介してくれるそうです。
体に良いサバとキムチを使ったご飯に良く合うおかずです。

では早速、おびゴハンで金 順貞さんが教えてくれた「サバとキムチの煮付けの作り方」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびゴハンレシピ 「サバとキムチの煮付けの作り方」の作り方

材料
生さば 1尾
昆布(5㎝×7㎝)1枚
大根 1/4本
キムチ200g
濃い口しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
ごま油 大さじ1

作り方

  1. サバの背に包丁で切れ目を入れる。
  2. 大根を1㎝くらいで切る。
  3. 鍋に水500ml入れ昆布を入れ火をかけます。(強火)
    (昆布を水から煮るのがポイント)
  4. 昆布を入れたら、切った大根を入れ、箸が通るくらい(15分くらい)中火で煮込む。
  5. 煮えたら、サバを生のまま入れ5分煮込む。
  6. 5分後、昆布を取り出す。
  7. そこへ、キムチを入れ5分煮込む。
    (サバにキムチの美味しさを吸わせるようにサバに被せるように乗せるのがポイント)
  8. 5分後濃い口しょうゆを上からかけ、みりん、ごま油を入れ、フタをして1分煮込み完成。
スポンサーリンク

まとめ

【おびゴハン レシピ】サバとキムチの煮付けの作り方を、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

サバには、DHAがたっぷり入っていて脂質異常症を予防する効果があると言われていますね。
さらに、EPAが動脈硬化や高血圧予防に期待できます。

キムチは、発酵食品の代名詞で乳酸菌と食物繊維が豊富で腸内環境を整えてくれ便秘改善に効果的です。

そんな万能食材を組み合わせた今回の【おびゴハン レシピ】サバとキムチの煮付けは、健康に優れた料理ではないでしょうか?
健康のためにもこのレシピを参考に作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。