4月23日放送のあさイチであんかけ豆腐丼の作りのレシピ(作り方)を紹介してくれました。

今回このレシピを紹介してくれたのは、日本料理 一凛の店主 橋本幹造さん。

では早速、あさイチで紹介してくれた、あんかけ豆腐丼のレシピ(作り方)を見ていきましょう。

スポンサーリンク

【あさイチレシピ】新たまねぎと新しょうがの酢じょうゆとあんかけ豆腐丼の作り方

新たまねぎと新しょうがの酢じょうゆの材料
新たまねぎ1個
新しょうが1カケ
米酢50ml
酒100ml
塩小さじ1
しょうゆ250ml

あんかけ豆腐丼の材料
鶏むね肉150g
青ねぎ1本

水120ml
酒大さじ1
砂糖大さじ1
かつお節2g

木綿豆腐1/2
塩小さじ1
卵1個

水溶き片栗粉(かたくり粉小さじ2、水大さじ2)
ごはん適量

新たまねぎと新しょうがの酢じょうゆの作り方

  1. 新たまねぎを繊維に沿って薄切り、新しょうがも薄切りにする。
    (包丁を前に出すように切ると薄く切れ、玉ねぎが甘く仕上がる。涙も出にくい。)
  2. 切った玉ねぎ、新しょうがをボウルに入れ塩をかけ、軽くもみ、水洗いしてギュッとしぼり水けをきる。
    (塩で揉むことにより、余分な辛み、苦みをとる。)
  3. 鍋に料理酒を入れ、中火にかけて煮切る。
    (アルコールを飛ばし旨みをのこす。量が半分になるまで煮詰める。泡が大きくなるのが目安。)
  4. 料理酒を煮切ったら、米酢50ml、しょうゆ250mlを入れ、ひと煮立ちさせたら、粗熱をとる。
    (ひと煮立ちとは、泡がふつふつと出たら火を止める。)
  5. 耐熱容器のビンに始めに作った、新たまねぎ、新しょうがのスライスを入れ、
    粗熱を取った4で作った酢しょうゆを入れ半日以上寝かせる。

このままでも美味しいですが、
冷えたお豆腐に、この新たまねぎと新しょうがの酢じょうゆを乗せるのも美味しいです。

※新たまねぎと新しょうがの酢じょうゆは、冷蔵庫で約2週間保存が可能です。

あんかけ豆腐丼の作り方

  1. 青ネギ1本を笹の葉っぱのような感じで斜めに切る。
    (緑色の部分も斜めきりにして使う)
  2. 鶏むね肉は、2cm角に切る
  3. 冷めたフライパンにお水120mlを入れ、お酒大さじ1、お砂糖大さじ1、先程作った、新たまねぎと新しょうがの酢じょうゆを60ml入れ、かつお節2g、鶏の胸肉を入れ、全て入れたら中火で5分間ほど煮る。
  4. ボウルに木綿豆腐を2㎝角くらいに手でちぎる。
    (お豆腐は手でちぎった方が美味しく仕上がる。手でちぎる事で断面がざらつき、そこに味が絡みやすくなる。)
  5. ちぎった豆腐に塩小さじ1をフリ入れ、そこへ熱湯をそそぎ約1分間ひたす。
    (豆腐の水分が程よく抜け味が際立つ)
  6. 1分たったらお湯をきる。
  7. フライパンで煮ていた、鶏むね肉が煮えたら火を止め水溶き片栗粉を回し入れ、火をもう一度付け良く混ぜとろみをつける。
  8. そこへ、湯きりした豆腐を入れ、溶き卵を回し入れ、火を止め全体がフツフツとし卵が固まってきたら完成。
    (卵の固まりかたは、お好みで調整)
  9. おわんにご飯を盛り、そこへかけてあんかけ豆腐丼の完成。
スポンサーリンク

まとめ

【あさイチレシピ】あんかけ豆腐丼の作り方を、お伝えしてきましたがいかがでしたか?

お豆腐を美味しくする技は知りませんでした。
熱湯につける事でお豆腐が生き返るんですね。1つ勉強になりました。ありがとうございます。

親子丼のような豆腐丼
と~っても美味しそうでしたね。

今度【あさイチレシピ】あんかけ豆腐丼の作り方を参考に作ってみたいです。

あなたも良かったらこのレシピを参考に作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。