4月22日放送の噂の東京マガジン「やって!TRY」のコーナーでミラノ風カツレツのレシピ(作り方)を教えてくれました。

今回教えてくれたのはリストランテ アルポルトのオーナーシェフ 片岡護さんです。

では早速、噂の東京マガジンで紹介されたレシピ、ミラノ風カツレツの作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

噂の東京マガジン レシピ ミラノ風カツレツの作り方

材料 1人分

牛ヒレ肉 50g
塩 少々
コショウ 少々
小麦粉

レモン 少々
クレソン 1房
細かいパン粉 適量
パルメザンチーズ 適量
オリーブオイル 大さじ3
パセリ(刻み) 適量
無塩バター 10g

付け合せの材料
カリフラワー 1房
フルーツトマト 1個
ヤングコーン 1本
アスパラガス 1本
ヒメニンジン 1本
スティックセニョール(茎の長いブロッコリー) 1本
タケノコ(ひと口サイズに切ったもの) 1個

無塩バター 10g
塩 適量
コショウ 適量
水 適量

作り方

  1. フルーツトマト以外の付け合せの材料を適当な大きさに切って茹でておく。
  2. 茹でた野菜をフライパンに入れ火お付け、無塩バター10g、塩、コショウを入れ炒め全体にバターが絡まったら火を止める。
    (バターだけだと油っぽくなるんですが、茹でた野菜のお水があるためバターが乳化しとろっとした感じに仕上がる。)
  3. まな板の上にラップをひき牛ヒレ肉50gを乗せ、塩、コショウを両面振り、上からラップをもう1枚重ね肉たたきでたたいて、薄くのばす。
  4. 薄くのばしたら、小麦粉、溶き卵、パン粉(パルメザンチーズ入り)の順で付ける。
    (パン粉とパルメザンチーズは1:1)
  5. パン粉をつけたら、包丁の背で格子状に軽く線を書くように上からたたく。
  6. フライパンにオリーブオイル大さじ1強を入れ、煙が立つくらい良く温める。
  7. 煙がでたら、包丁で格子状にラインを付けた方を下にして焼き、
    底の面を確認しながら焼き色が入ったら裏返し、15秒くらいでフライパンからお皿に取り出す。
  8. フライパンの油をふき取り、そこへバターを入れて溶かし、溶けたバターを焼いた牛ヒレ肉にかける。
  9. その周りに付け合せの野菜を盛り付けレモンとクレソンを添え、パセリをふりかけ完成。

片岡護シェフのレシピ本

スポンサーリンク

まとめ

噂の東京マガジン レシピ ミラノ風カツレツの作り方をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

こんなオシャレなカツレツが以外に簡単にできることに驚きました。

付け合せの野菜は色々自己流でアレンジできると思うのでもっと簡単に作れそうですね。

カツレツの焼時間もホント短時間で裏返してからは、驚異の10~15秒くらいで終わっていたので、えっもういいの?
って感じでしたよ。

簡単にできそうなので、噂の東京マガジン レシピ ミラノ風カツレツの作り方を参考に作ってみたいと思いました。
よかったら、あなたもこのレシピを参考に作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。