4月19日のヒルナンデスで体脂肪を減らせる「わかめ」の食べ方が紹介されました。

教えてくれたのは、医学博士の小林暁子先生です。

では早速、ヒルナンデスで紹介された体脂肪を減らせる「わかめ」の食べ方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

【ヒルナンデス】体脂肪を減らせる「わかめ」の食べ方

わかめは、最新の研究で体脂肪を減らす可能性があることがわかりました。
2018年3月 日本農芸化学会 理研ビタミン株式会社の発表によると

20代~50代の女性21人に乾燥カットわかめを1日4g 2週間食べ続けてもらった結果

被験者の葯80%(17人)の腸内でビフィズス菌の割合が増加したそうです。

先生の見解によるとわかめの食物繊維が善玉菌の餌となり、ビフィズス菌が増えた可能性があるとのこと。

ビフィズス菌は、悪玉菌を抑えて腸内環境を良くしてくれるので腸には大切な菌です。

年来を重ねていくとビフィズス菌の量が年々減っていく事がわかっています。
ビフィズス菌を含む腸内資金群の割合は、

  • 赤ちゃん 40%~50%
  • 成人 10%~20%
  • 60歳以上 5%未満(0の人もいる)

ビフィズス菌が増えると体脂肪がつきにくくなる?

ビフィズス菌を含む善玉菌が増えると腸内環境が改善され、身体に必要な物は吸収され、必要のないものは体の外に出そうと言う働きが増えるそうです。

ということで、脂肪の吸収が抑えられ、太りにくい体になるそうです。

わかめの栄養素

カリウムの効能
体内の余分な塩分や水分を排出しむくみの改善や高血圧の予防が期待できる

ヨウ素の効能
全身の細胞が活性化され爪や髪、肌などを健康に保ち基礎代謝をアップさせてくれる。

ビタミンKの効能
丈夫な骨を作るのに重要なビタミンで骨粗しょう症の予防が期待できる。

アルギン酸の効能
余分なコレステロールを包んで排出してくれるので動脈硬化や様々な生活習慣病の予防につながります。

フコイダンの効能
フコイダンは、ネバネバした成分なのでこの成分にピロリ菌がくっ付いて排出されるのでピロリ菌の予防になる。

わかめを食べる時の量と食べるタイミングは?

乾燥わかめは1日に25g以下まで、
食べ過ぎると甲状腺に異常をきたす可能性があるそうです。
*もともと、甲状腺の病気がある方は、主治医の先生に相談してからわかめを食べましょう。
また、わかめを食べ過ぎるとお腹が張ったりするので注意して下さい。

わかめを食べるタイミングは、食べ始めがより良いです。

食べ始めにわかめを食べる事で満腹感を早く感じやすく、
血糖値の上昇を抑え脂肪の吸収を穏やかにしてくれるそうです。

わかめを食べる事で食物繊維を摂れるのですが、注意点はわかめは、
消化が悪いので良く噛んで食べないとあまり効果が無くなってしまうという。

元気になる、わかめの食べ合わせは?

美肌になるわかめの食べ合わせ

わかめ+納豆。
わかめと納豆を一緒に食べるとわかめのフコキサンチンと
納豆のレシチン・イソフラボンの効果で美肌作りには良いそうです。

フコキサンチンは、
コラーゲンの分解酵素を抑えてくれ(コラーゲンを壊さない)肌荒れを改善し健康な肌にしてくれる。納豆には、イソフラボンとレシチンが入っているので美肌に良い。

むくみ改善に効果のあるたべ合わせ

わかめ+切り干し大根。

両方に含まれるカリウムが体内の余分な塩分や水分を排出してくれ、
むくみ改善に効果が期待できます。

スポンサーリンク

まとめ

【ヒルナンデス】体脂肪を減らせる「わかめ」の食べ方をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

わかめは、ほぼ日本全国で採れ旬は、3月~5月と言われています。
また、この時期しかわかめは生で食べる事が出来ない貴重な季節なんです。

 

わかめを食べると脂肪がつきにくくなると言う研究結果も出ていることですし、
これから、わかめを毎日、食事に取り入れていきたいですね。

 

更に、わかめには、むくみ改善や美肌効果もあるなんて、一石三鳥じゃないですか?
ぜひぜひ、わかめを食事に取り入れていきましょう。

 

しかし、わかめの食べ過ぎは良くないそうなので注意しましょうね。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。