4月19日放送の「おびゴハン」で北斗晶さんが「ねぎねぎ」の作り方を紹介してくれました。

今週は、春のご飯ものウィーク。
と言うことで中華丼に合うもう一品を北斗晶さんが作ってくれました。

ねぎにネギの組み合わせで「ねぎねぎ」というネーミングも最高ですwww

では、おびゴハンで北斗晶さんが作ってくれた「ねぎねぎ」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびゴハン レシピ 「ねぎねぎ」の作り方

材料
太目の長ネギ 1本
ハム 4枚

オイスターソース 大さじ1
水 大さじ1
サラダ油 適量

作り方

  1. 長ネギの白い部分を切っていきます。長さは、ハム1枚の大きさにあわせて切ります。
  2. 切ったネギを耐熱皿にのせラップをし、600Wの電子レンジで約1分加熱する。
  3. 加熱が終ったら少し置いておき粗熱を取ります。
  4. 粗熱が取れたらネギを中身を取り出します。(ネギの端をつまむと中身がぴゅっと飛び出します。)
  5. ハムをくるくる丸め先程くりぬいたネギの外側の皮の中に詰める。
  6. ハムを詰めたネギを半分に切り、焼き鳥のように串に刺す。
  7. 熱したフライパンに油をひき、串に刺したネギを中火で焼き色が付くまで両面焼く。
  8. 耐熱の容器にオイスターソース大さじ1と水大さじ1、くりぬいたネギの部分をみじん切りにしたものを入れ、ラップはせずに600Wの電子レンジで約30秒加熱します。
  9. ネギが焼きあがったらお皿に盛り付けレンジでチンしたタレを添えて完成。
スポンサーリンク

まとめ

【おびゴハン レシピ】ねぎねぎの作り方をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

ネギの中身をくりぬいてハムを詰めるアイデア料理でしたね。
簡単で子供も喜びそうなおかずでした。

ネギは中の部分の方が甘みがあるので、くりぬいたネギでタレを作るのも良い方法ですね。

簡単にできるので今度このレシピを参考に作ってみたいと思います。

よかったらあなたもこのレシピを参考に作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。