4月19日放送の「おびゴハン」で山野辺 仁さんが「桜海老と春キャベツの中華丼」の作り方を紹介してくれました。

今週は春のご飯ものウィーク。
今が旬の春キャベツを使った中華丼を教えてくれました。

では早速、おびゴハンで山野辺 仁さんが教えてくれた「桜海老と春キャベツの中華丼」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびゴハンレシピ 「桜海老と春キャベツの中華丼」の作り方

材料 2人分
ごはん 2人分
鶏むね肉 1/2枚
春キャベツ120g
アスパラ 2本
わけぎ 1本
しめじ 30g
桜海老(乾燥) 10g
卵 1個
片栗粉

塩・こしょう 各適量
片栗粉 適量
ネギ油 大さじ2

ガラスープ 300ml
塩 小さじ1
こしょう 適量
酒 大さじ1・1/3

作り方

  1. アスパラの茎の部分は硬いので手で軽く折り、軽く包丁で皮をそぎ落とし2〜3cm長さに切り、春キャベツはざく切りの食べやすい大きさでカット、わけぎは斜めに2〜3cm長さに切り、しめじは石づきを除いて手で小分けにしておく。
  2. 鶏むね肉は1㎝弱の薄切りにし、塩・コショウを振り下味をつけます。そこへ、軽く片栗粉をまぶします。
    (鶏肉に片栗粉をまぶすことでプルプルの食感になる。)
  3. 鍋にお湯を沸かし、火を止める。火を止めたら鶏肉を入れ、お湯の余熱でゆっくり火を通す。
  4. 鶏肉の表面が白くなったらお湯から取り出す。
  5. ボウルにガラスープ300ml、塩小さじ1、大さじ1杯と1/3、こしょ適量を入れ混ぜておく。
  6. 熱したフライパンにネギ油(大さじ1)を入れ、乾燥桜えび10gを入れ香りが出るまで炒める。
  7. 香りが出たら、わけぎ、しめじ、アスパラを入れ全体がしっとりしたら、先程作ったスープを入れる。
  8. そこへキャベツを入れ、キャベツがしっとりしてきたら、取り出しておいた鶏のむね肉を入れます。
  9. 味見をし、味を整え、水溶き片栗粉(水・片栗粉それぞれ大さじ1)を入れとろみをつける。
  10. そこへ、溶き卵をまわし入れタマゴに火が入ってきたらネギ油を大さじ1入れ混ぜる。
  11. おわんにご飯をよそり、できた具材のアンをかけて完成。
鶏肉をジューシーにするテクニック
鶏肉をお湯の余熱でボイルすると、火を通し過ぎずパサパサにならずしっとりジューシーに仕上がる
スポンサーリンク

まとめ

【おびゴハン レシピ】桜海老と春キャベツの中華丼の作り方をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

旬の食材を使った春の中華丼は、しっとりジューシーな鶏肉とさっぱりとした塩味と言う所も
美味しそうでした。

鶏肉は沸騰したお湯の余熱で火を通すとプリッと仕上がるんですね。

このレシピを参考に今度「桜海老と春キャベツの中華丼」を作ってみたいと思います。
もしよかったら、あなたもこのレシピを参考に作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。