4月19日のあさイチで、「ホットク」のレシピが紹介されました。

紹介してくれたのは、料理研究家のファン・インソンさんです。
ファン・インソンさん(通称インくん)は、男に見えないほどの美貌の持ち主。
しかも料理も美味いから彼の料理教室は大人気。

そんなインくんが、あさイチで紹介してくれた、「ホットク」のレシピ(作り方)を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「あさイチレシピ」ホットクの作り方

材料

強力粉100g
米粉100g
ドライイースト3g
塩少々
ぬるま湯 100~150ml

シナモンパウダー30g
黒砂糖150g
ミックスナッツ30g
カボチャのタネ15g
さくらんぼ 適量
ホイップクリーム 適量
ミントの葉適量
サラダ油大さじ1

作り方

  1. ボウルに小麦粉と強力粉、塩、ドライイーストを入れる。
    (ポイント ドライイーストは塩の上に乗せず、離して入れましょう。塩の上にドライイーストをのせてしまうとイースト菌が活動しなくなり発行しづらくなる。)
  2. そこへ35℃くらいのぬるま湯を少しずつ入れながらゴムべらで混ぜる。
  3. ある程度まとまったら、手でこねて生地をまとめる。
  4. できた生地は、ボウルに入れたままラップをかけ、別の大き目のボウルに40℃くらいのお湯を張りそこへ20分間つける。
    (20分発酵させると、生地の大きさが約2倍くらいに膨らみます。)
  5. ボウルに黒砂糖150gを入れ、そこへシナモンパウダー、黒砂糖、ミックスナッツ、カボチャのタネを混ぜ合わせます。
  6. 発酵した生地を1個75gくらい(全体で3~4個分)に分け丸めます。
  7. 手の平で軽く伸ばし直径約8~9㎝(手の平の大きさ)くらいに丸く伸ばします。
  8. そこへ、先程作った黒砂糖の具を大さじ1くらい詰めていきます。
  9. 生地の口を中心に引き寄せてねじって閉じる。
  10. フライパンにサラダ油を多め(大さじ1くらい)にひき、火は、中火でもすこし弱めにし、フライパンが温まったら生地の結んだ方を下にして約1分30秒くらい焼いていきます。
    (生地は、つぶさず丸いまま焼きはじめ、底の部分に焼き色が付くまでさわらない。)
  11. 焼き色が付いたら、ひっくり返し生地を専用の道具で、つぶしていきます。
    (韓国にはホットクを焼く時に使う専用の道具があります。”ホットクプレス”)
  12. ホットクプレスの代わりにキレイにした鍋の底をあててつぶしてもOk!
    生地が厚さ1㎝くらいになるまでやさしく押しつぶし、約1分30秒くらい焼いていきます。
    ポイント 一気に押しつぶすと切れ目が入ってしまうのでゆっくり押していく。)
  13. 焼きあがったらお皿に盛り付け、ホイップクリームを山盛りに乗せ、ミントとさくらんぼ1本を飾り完成。

ホットクプレスは楽天でも販売しています。
お求めはこちら⇒ホットクプレス

スポンサーリンク

まとめ

【あさイチレシピ】ホットク の作り方をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

今回紹介してくれたホットクの生地を作るのが少し大変そうですが、なれると簡単にできるようになるみたいです。

パン作りが好きな人だと、お手の物かもしれませんね。

わたしは、パンを手づくりしたことが無いのでレベルが高く感じますが、
この「あさイチレシピ」を参考に初チャレンジしてみようかな?

もしよかったらあなたも、このレシピを参考に韓国のおやつ「ホットク 」を作ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。