卵

あなたは、卵の保存方法でどう置いたら卵が長持ちするか置き方に困ったことありませんか?

卵は結構使う食材ですが、少しでも鮮度を長く保ちたいですよね。
そこで今回は、卵の保存方法で置き方はどれが良いのかお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

卵の保存方法 常温がいいの?冷蔵庫でしまった方がいいの?

スーパーなどで卵が売られている時は店内では常温で販売されていますよね?
ま~スーパーなどは生鮮食品が置いてあるので家よりは店内温度は低いと思いますが…

 

そこで買ってきた卵は常温で保存したほうがいいの?って
迷ったことありませんか?

 

 

実は、卵の殻には無数の穴が開いていてスーパーなどのお店で冷蔵保存してしまうと、
買った卵が家に付くまでに温度差が生じ、卵に結露が発生する事があるそうです。

 

その結露の水分と共に殻に開いた穴から雑菌が卵の中に入りやすくなるそうです。
だからスーパーの卵は常温販売しているそうですよ。

 

なので家では少しでも長持ちさせるために冷蔵庫で保存する方が良いそうです。

 

また、卵の殻に汚れがある場合、
洗ってしまうと雑菌が卵の中に入ってしまう危険があるので
卵は洗わないでください。

 

スポンサーリンク

卵の保存方法 置き方向きはどれがいいの?

スーパーなどで買ってきた卵を良く見ると、少し尖った方と丸い方があります。

冷蔵庫で保存するときには、丸い方を上にし尖った方を下にして置くことをおすすめします。

 

卵の白身には殺菌成分があり腐敗しにくいのですが、
黄身には殺菌成分がないので、どうしても黄身が痛みやすいのです。

 

できるだけ黄身を雑菌(空気)から遠ざけるほうが長持ちします。
卵の尖った方には気室と呼ばれる空気の部屋があり、
卵はこの気室と呼ばれる所で呼吸しています。

 

ですからこの気室から黄身を少しでも離した方が卵が長持ちすると言う事です。

 

丸い方を上にして保存することで、
黄身を中央にする事ができ安定するのと、
殻が卵黄膜を傷つけることも防いでくれるので
丸い方を上に、尖った方を下にして保存しましょう。

 

また、尖った方は丸い方に比べ殻が厚めで卵が割れるのを少し軽減できるんです。
丸い方を上にして置くことで卵を少し長持ちすることができるんですね。

 

卵の保存方法置き方 パックのままがいいの?

卵パック

スーパーなどで販売されている卵はほとんどが
プラスチックのパックに入れられて販売されていると思いますが

家でもそのプラスチックのパックのまま保存したほうが安全です。

 

なぜなら食中毒を起こす危険があるからです。
卵にはサルモネラ菌という食中毒の原因と言われる菌が多い食品の一つとして有名です。

 

通常の流通過程では、卵をパックに詰める前に、

卵殻の洗浄・殺菌が実施されているので、汚染は除去されます。

 

消毒・殺菌の処理では、養鶏場で生産された鶏卵がGPセンターと呼ばれる施設で
傷卵・血卵などが除かれた後、卵殻表面に付着した汚れを

次亜塩素酸ナトリウム150ppm溶液などで消毒・洗卵しているので
そこまで神経質にならなくても大丈夫なのですが

サルモネラ菌は食中毒を引き起こす菌の一つとして有名です。

 

 

このサルモネラ菌は0℃~8℃くらいの温度では、繁殖しませんが菌は死にません。
また、10℃以上、特に20℃以上になるとよく増殖し、37℃位までが良く菌が増殖すると言われています。

 

卵が出荷される前に十分な殺菌処理がされていますが毎年のように食中毒が発生しているのも事実です。
ですから念には念を入れ

もし冷蔵庫の中で卵が割れてしまったことを考えると、他の食品に菌を移さないためにも
卵はパックのまま保存した方が良いでしょう。

 

通常スーパーなどで販売されている卵はとがった方が下で丸い方が上にされているはずです。
一度冷蔵庫に保存する前に確認してみて下さい。

 

また、卵のパックに表示されている賞味期限ですが食品衛生法で
「冷蔵保存」(10℃以下)で万一、卵内にサルモネラ菌が存在し「生食」しても
問題が生じない期限を表示するとされています。

サルモネラ菌は熱に弱く十分な加熱をすることで死滅するので卵は火を通して食べた方が安全です。

卵の保存方法置き方 まとめ

卵の保存方法を見てきましたがいかがでしたか?

卵は冷蔵庫で尖った方を下にして保存しましょう!

卵は出荷される前に十分な殺菌消毒がされていますが
表示されている賞味期限を守り、新鮮なうちに食べることをおすすめします。

 

サルモネラ菌は10℃以下ではほとんど増殖しませんが、
時間が経つにつれ殺菌力も低下してしまうので、必ず新鮮なものを食べましょう。

賞味期限は、生で食べれる期限として設定されています。
賞味期限を過ぎた卵は加熱することにより食べることができますが、なるべく賞味期限内に消費するほうが良いでしょう。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。