4月16日放送の「おびゴハン」で旬香亭シェフの古賀 達彦さんが「春のシーフードピラフ」の作り方を紹介してくれました。

今週は春のご飯ものウィーク。
フライパン1つで作れる絶品ピラフを教えてくれました。

では早速、おびゴハンで古賀 達彦さんが教えてくれた「春のシーフードピラフ」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびゴハンレシピ 「春のシーフードピラフ」の作り方

材料 2人分
ヤリイカ 1杯
シーフードミックス 450g
新タマネギ 1/2個
プチトマト 5個
マッシュルーム 2個

生米 400g
ブイヨン 600mℓ
サラダ油 大さじ1
ニンニク すりおろし 小さじ1/2
塩・こしょう 各適量

後から入れる具材
ブロッコリー(茹でたもの) 6房
プチトマト 5個
マッシュルーム 4個
ゆで卵 2個分
バター 大さじ1
飾りの具材
パセリ(みじん切り) 適量
レモン(くし切り) 適量

作り方

  1. プチトマト5個を8等分に切る。
  2. 新玉ねぎ1/2個を粗みじん切りにする。
  3. マッシュルーム2個は細かく刻んで、ヤリイカは3㎝幅の輪切りに、げその部分はタテ半分に切ります。
  4. 後から入れる具材、ブロッコリー6房、プチトマト5個は、縦半分にマッシュルーム4個は、タテ33等分に切っておく。
  5. 熱したフライパンにサラダ油をひき、ニンニクを炒めて香りを出す。
    香りが出てきたら、ヤリイカを2/3くらい炒め、赤くなってきたら、バットに取り出す。
    (イカの水分はしっかり切っておく)
  6. 同じフライパンで新タマネギ・みじん切りのマッシュルームを炒め、強めに塩をふる。
    (フライパンに残ったイカの旨みをこそぎとるように炒めます)
  7. そこへ、シーフードミックスを加え、強火で炒める。
  8. えびの色が赤くなってきたら、お米を加え、油をまとわせたら、
    軽く塩を振ったプチトマト(8等分に切ったもの)を加え、
    ブイヨンを加え強火で焚き沸騰してきたら弱火〜中火にし、フタをして10分ほど炊く。
  9. 10分後、フタを開け、後から入れる具材と飾りの具材をのせ、バットに取り出していたイカものせ、
    上から塩、コショウをふり、中央にバターを落とし再びフタをして強火で30秒ほど加熱したら、火を止め2分蒸らす。
  10. 仕上げに、パセリを散らし、レモンを飾り完成。
ポイント
お米は絶対に洗わない
スポンサーリンク

まとめ

【おびゴハン レシピ】春のシーフードピラフの作り方を
お伝えしてきましたが、いかがでしたか?

結構大変だと思っていたシーフードピラフですが意外と材料さえ準備してしまえば、
フライパン1つで出来るので私でも作れるかも?って思えてきました。

せっかくおびゴハンで、シーフードピラフのレシピを教えて頂いたのでチャレンジして作ってみたいと思います。

もしよかったら、あなたも今回のレシピを参考に作ってみて下さいね。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。