あなたは、玉ねぎをサラダで食べる時に辛く感じたことはありませんか?
サラダの中にある玉ねぎが辛いと少しがっかりしてしまいますよね!

そこで今回は玉ねぎをサラダで使うときのポイントと
美味しく玉ねぎをスライスするコツをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

玉ねぎをサラダで食べる時、玉ねぎの〇〇を使うと辛くない。

玉ねぎを生でサラダに使う場合玉ねぎの繊維に逆らうように横半分に切り
根っこのついた下半分を使うようにすると

食べた時に辛くないサラダ玉ねぎを作る事ができます。

根っこ側の下半分は繊維が柔らかく生色に適しているんです。

残った上側の半分は煮物や炒め物に使うと良いでしょう。
その時に繊維にそって薄く切ると甘みを引き出してくれて美味しく仕上がります。

 

スポンサーリンク

玉ねぎをサラダで食べる時、辛くない切り方

玉ねぎの下半分が辛くないことがわかりましたが、
切り方でも辛みが変わってくるので

玉ねぎの切り方も注意したいところです。

 

玉ねぎの辛さと臭いの原因成分は硫化アリルという物質です。

この硫化アリルは空気にふれる面が多いと
辛味成分を少なくすることができます。

 

玉ねぎの繊維に逆らうように横半分に切ることで
繊維の空気に触れる面が多くなり
玉ねぎの辛さが抜けやすくなるんです。

ですので玉ねぎは繊維に逆らうように薄く切っていきましょう!

 

玉ねぎをサラダで食べる時、水にさらすと辛くない?

玉ねぎをスライスした後に水にさらす方法が良く料理本に書いてありますが
あまりお勧めできません。

 

先程もお伝えしたように硫化アリルは水に溶けやすい物質で
辛みを押さえる事ができますが
水にさらすことで玉ねぎに含まれる栄養も一緒に流れ出てしまいます。

 

サラダを食べてしっかり栄養も吸収したいので水にさらす方法はおススメしません。

また、個人差はあると思いますが、
1時間くらい水にさらしても
辛く感じてしまう人も多いのが事実です。

 

玉ねぎをサラダで食べる時、辛くない処理の仕方

玉ねぎを繊維と逆らうように垂直に薄く切ったら
重ならないようにお皿に広げます。

 

キッチンペーパーなどで軽く水けを吸い取りそのまま
蓋やラップをせずに電子レンジで1分加熱します。

 

レンジから玉ねぎを取り出し常温で1分程度放置します。
水にさらしてしまうと栄養が流れてしまうので
水にさらさないよう注意しましょう!

その後冷蔵庫にいれ冷やすことでサラダに向いた玉ねぎの完成です。

 

玉ねぎをサラダで食べる時、玉ねぎの〇〇を使うと辛くない。まとめ

サラダに玉ねぎを使う場合玉ねぎの根っこ側下半分を使うと辛くなりにくいです。
また、切り方も繊維に沿ってきるのではなく繊維に逆らうよう直角になるように切ると

辛み成分である硫化アリルの発生をおさえるので辛くならずにすみます。

 

さらに、辛みを抜くためにスライスした玉ねぎをレンジで1分加熱し冷蔵庫で冷やせば
美味しく玉ねぎをサラダでいただく事ができますよ。

 

ぜひ玉ねぎをサラダで食べる時に取り入れてみてください。

最後までご覧いただきありがとう御座いました。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。