4月12日放送の「おびごはん」で北斗晶さんが「新玉ねぎステーキ」の作り方を紹介してくれました。

今週は、ゲストに駿河太郎さんが来てくれたので、「新玉ねぎステーキ」は駿河さんがつくってくれるようです。
では、おびごはんで駿河太郎さんが作った「新玉ねぎステーキ」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびごはんレシピ 「新玉ねぎステーキ」の作り方 4/9

材料
新タマネギ 1個
薄力粉 適量
オリーブオイル 適量
焼肉のタレ 大さじ1
マヨネーズ 大さじ1
一味唐辛子 適量

作り方

  1. 新タマネギは2cm厚さ程度の輪切りにし、表面に薄力粉をまぶす。
    (薄力粉をたっぷりつけることでバラバラになりずらい)
  2. 熱したフライパンにオリーブオイルを入れ玉ねぎの輪っかの小さい方を下にして入れ焼き色がついたら裏返す。
  3. 両面キツネ色になったら、レタスをひいた器の上に盛り付ける。
  4. 玉ねぎを焼いたフライパンに焼肉のタレとマヨネーズを加え混ぜたら
    新タマネギにかけ、一味唐辛子をかけ完成。
豆知識
新玉ネギの栄養
新玉ねぎは、春に旬を迎える「白玉ねぎ」の品種で、
普通の玉ねぎは、「黄玉ねぎ」という品種になります。

新玉ねぎは辛味が少ないので生で食べるのに向いた玉ねぎで、
「ビタミンB1」と「硫化アリル」を普通の玉ねぎより多く摂取することができます。

ビタミンB1は、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、
糖質からのエネルギーを作ってくれて、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

硫化アリルは、血液中の不要な脂肪を溶かしてくれ、
動脈硬化や高脂血症などを予防してくれる効果があります。

また新玉ねぎには血液をサラサラにしてくれ、
キレイな血液を作る効果が期待できます。

春の美味しい新玉ねぎぜひ、たくさん食べて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

春の野菜、新玉ねぎを使った簡単ステーキですね。
ほとんど、難しい調味料もなくあっという間にできちゃう一品で
もう一品欲しいなって時に食卓に華をそえてくれる、そんな料理でした。

簡単なのでよかったら作ってみてください。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。