4月11日放送のソレダメでイチゴを長持ちさせる方法を紹介してくれました。

イチゴは、大人から子供まで大好きですよね。

そこで多めに買って冷蔵庫で保存していると傷んだりした経験ありませんか?
そこである事をすると普通にイチゴを保存した時よりも長く保存できるそうです。

では早速、ソレダメで教えてくれたイチゴを長持ちさせる方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

イチゴを長持ちさせる方法【ソレダメ流】

イチゴを保存するときは冷蔵庫にそのまま入れるのではなく、
パックからだし、アルミホイルで包んでから冷蔵庫で保存すると、
イチゴが長持ちします。

アルミホイルで包むとイチゴの水分が飛ばずにイチゴの新鮮さを長い間キープすることができます。

番組では1週間イチゴをパックのまま保存したものと
アルミホイルで包んで保存したものを比べてみました。

すると、パックのまま保存したイチゴは、ほぼ全て傷んでしまったのに対し、
アルミホイルで包んだイチゴは、ほぼ傷んでいない状態でした。

これは、イチゴの水分が保たれているかどうかの差だけなんですって。

パックで保存したイチゴは、元の166gから12gの水分が減り154gに
アルミホイルで包んだイチゴは元の166gからたった2g減った164gでした。

ポイントは、イチゴを包む時、水分が逃げないようにアルミホイルでしっかりと包む事。
そうすれば、10日前後は新鮮な状態を維持できるそうです。

スポンサーリンク

まとめ

イチゴを長持ちさせる方法はイチゴをアルミホイルに包んで冷蔵庫で保存する。でした。

これからも、美味しいイチゴを長持ちさせいつまでも美味しく頂くために是非お試しください。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。