4月9日放送の「おびごはん」でイケメン料理人の村田明彦さんが「すき焼きうどん」の作り方を紹介してくれました。

今週は春に食べたい麺料理を紹介してくれるようです。ゲストに駿河太郎さんを迎え北斗さんも元気揚々。
では、おびごはんで村田 明彦さんが教えてくれた「すき焼きうどん」の作り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

おびごはんレシピ 「すき焼きうどん」の作り方4/9放送

材料 2人分
牛薄切り肉 160g
新タマネギ 1個
しめじ 1/3パック
ごぼう 1/5本
春菊 1/3束
卵 2個
冷凍うどん 2玉
ゴマ油 適量

カツオだし 500mℓ
みりん 大さじ1
醤油 大さじ3
砂糖 大さじ1.5

作り方

  1. 新玉ねぎを半分に切り、5mm幅の薄切りする。
  2. 牛薄切り肉は、7~8㎝の大きさで切り、ご馳走感を演出します。
  3. ごぼうはささがきにし、春菊は長さ4等分に切り、しめじは石づきを除きます。
  4. フライパンにゴマ油を熱し、新タマネギ、しめじ、ごぼう、を強火で1分ほど炒める。
  5. 野菜がしんなりしたら、野菜をフライパンの半分に寄せ、空いたスペースで牛薄切り肉を炒める。
    (肉は固くなるので後から炒める。)
  6. ダシを作る
    小鍋にカツオだし、みりん、醤油、砂糖を入れ煮立たせる。
  7. 土鍋にダシを入れ、冷凍うどんを凍ったまま入れ煮込む。
  8. 麺がほぐれてきたら、先程炒めた具材と春菊を加え、卵を割りいれます。
  9. 卵が半熟になったら完成。
春菊の栄養
春菊には、β-カロテン、カリウム、カルシウムなどの栄養が含まれており、高血圧やむくみを予防する効果や、骨を丈夫にする効果などがあります。 足がむくみやすい人にはもってこいの食材です。
スポンサーリンク

まとめ

材料も春を感じさせる新タマネギや春菊で作り方もそれほど難しくなく、
うどんは、冷凍うどんで作るから簡単にできちゃいましたね。

こんど春を感じる「すき焼きうどん」を作って食べてみたいと思います。


スポンサーリンク


>>人気ランキングで他のレシピを見る。


【特集レシピ】

最後までご覧いただき有難う御座いました。